ラッセル『私の哲学の発展』第16章 「非論証的推論語」n.25


 生(なま)の事実から科学への移行において、我々(人間)は演繹的論理の推論形式に加えて種々の推論形式を必要とする。 伝統的には帰納法がこの目的に役立つだろうと考えられて来たが、それは誤まりであった。というのは、真である前提から出発する帰納的推論の結論は、真であるよりも偽である場合のほうが多いからである。感覚(で得られるもの)から科学への移行に必要な(要求される)推論の原理は分析によって獲得されなければならない。必要とされる分析(the analysis involved)は、誰もが実際上疑うことのないような種類の推論の分析である(訳注:どういった推論なら誰もが疑わない推論と認めるだろうか、ということについての分析)。たとえば、ある瞬間に猫が炉の前の敷物(hearth-rug)の上にいるのを目撃し、別の瞬間にその猫が戸口(部屋あるいは家の出入り口)にいるのを見たならば、たとえわれわれが猫が動くのを見なかったとしても、猫は炉と戸口との中間の諸点を通った(はずだ)という推論である。科学的推論を分析するという仕事が適切に遂行されるならば、そういう推論の具体的事例は、(a)誰も本気では疑わないようなものであり、(b)感覚的事実を基にして、感覚的事実を超えたものを我々が信じることができるためには、不可欠な推論である,ということが明らかになるであろう(it will appear that)。
 そういった研究の結果(成果)は、哲学よりはむしろ科学であるとみなされるべきものである。即ち、そういう結果を受けいれるための理由は、科学的研究に適用される通常の理由であり、何らかの形而上学的理論から得られるかけ離れた理由ではない(のである)。より具体的に言うと、あまりにもしばしば,また,あまりにも無益に、向う見ずな哲学者達が主張してきたような、確実性の主張(訳注:私の主張は絶対に正しい、といったような主張)はまったく存在していない(のである)。

Chapter 16: Non-Demonstrative Inference , n.25
In the transition from crude fact to science, we need forms of inference additional to those of deductive logic. Traditionally, it was supposed that induction would serve this purpose, but this was an error, since it can be shown that the conclusions of inductive inferences from true premisses are more often false than true. The principles of inference required for the transition from sense to science are to be attained by analysis. The analysis involved is that of the kinds of inference which nobody, in fact, questions: as, for example, that if, at one moment, you see your cat on the hearth-rug and, at another, you see it in a doorway, it has passed over intermediate positions although you did not see it doing so. If the work of analysing scientific inference has been properly performed, it will appear that concrete instances of such inference are (a) such as no one honestly doubts, and (b) such as are essential if, on the basis of sensible facts, we are to believe things which go beyond this basis. The outcome of such work is to be regarded rather as science than as philosophy. That is to say, the reasons for accepting it are the ordinary reasons applied in scientific work, not remote reasons derived from some metaphysical theory. More especially, there is no such claim to certainty as has, too often and too uselessly, been made by rash philosophers.
 Source: My Philosophical Development, 1959, by Bertrand Russell
 More info.: https://russell-j.com/beginner//BR_MPD_16-250.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。