バートランド・ラッセル『私の哲学の発展』第9章 「外界」 n.2


 点と瞬間と粒子とに関して、私はホワイトヘッドによって、「独断的まどろみ」(dogmatic slumbers)から目覚めさせられた。ホワイトヘッドは、各々有限なびろがりでなっている出来事(事象)の集合として点や瞬間や粒子を構成する方法を考え出した。これによって、我々(ラッセルとホワイトヘッド)が(先に)算術において用いたと同種の方法で、物理学においてもオッカムの剃刀を用いることが可能となった(注:最小の装置や道具で最大の成果を得ること)。私は数学的論理学の手法のこの新たな適用を大いに喜んだ。そしてこれは、理論物理学における諸概念の円滑さ(smoothness ひっかかりのなさ)は全て世界の本性(性質)よりはむしろ数学者の技巧(ingenuity 発明の才)に起因する(attributed to ~に帰属する)ことを示しているように思われた。それはまた、知覚の問題に関して(も)全く新たな展望を開くように思われた。1914年の春、ボストンにおいて「ローウェル講義(ローウェル記念連続講義)」をするように依頼をを受けたとき、私は講義の題目として「外界に関する我々の知識」を選び、そうして、この問題に関してホワイトヘッドの新しい道具(apparatus 装置)を活用する仕事にとりかかった。

Chapter 9 The External World, n.2
As regards points, instants, and particles, I was awakened from my ‘dogmatic slumbers’ by Whitehead. Whitehead invented a method of constructing points, instants, and particles as sets of events, each of finite extent. This made it possible to use Occam’s razor in physics in the same sort of way in which we had used it in arithmetic. I was delighted with this fresh application of the methods of mathematical logic. It seemed to suggest that all the smoothness of the concepts used in theoretical physics could be attributed to the ingenuity of mathematicians rather than to the nature of the world. It seemed, also, to open an entirely new vista on the problems of perception. Having been invited to deliver the Lowell Lectures in Boston in the spring of 1914, I chose as my subject ‘Our Knowledge of the External World’ and, in connection with this problem, I set to work to utilize Whitehead’s novel apparatus.
 Source: My Philosophical Development, chap. 9:1959.    
 More info.:https://russell-j.com/beginner/BR_MPD_09-020.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です