ラッセル『私の哲学の発展』第4章 観念論への脇道 n.1


 J. S. ミル以外の職業哲学者(注:professional philosophers 哲学の著作や講義などで生計をたてている専門の哲学者別の職業をもって哲学をやっている者は市井の哲学者)とその著書において出会ったのは,ま,た直接会ったのは(in person)、1890年10月(注:ラッセル18歳)にケンブリッジ(大学)に行ってから(入学してから)が初めてのことであった(注:not until ~になっって初めて/写真は1891年、19歳のラッセル)。(大学入学後の)最初の3年間は自分の時間の大部分を数学にあてなければならなかったけれども、かなりの量の哲学書の読書と大量の哲学上の議論をなんとかやり抜くことができた(managed to get through)。(オックスフォード大学の学寮の一つである)マートン学寮の哲学教員(don)でブラッドリの弟子であったハロルド・ヨアキム(Harold Joachim)はハスルミア(注:Haslemere:英国サリー州ウェイバリー地区の町)における我々の隣人で、私の叔父の義兄弟となった。私は哲学に興味をもっていることを彼に話した。すると彼は、大変親切にも、読むべき書物のリストを私にくれた。そのリストのなかで二つの項目(items)だけを今でも記憶している。一つブラッドリの『論理学』であり、彼は良書であるが難解だと言った。もう一つはボサンケー(Bernard Bosanquet)の『論理学』であり、もっと良いがもっと難解だ、と彼は言った。おそらくかれは驚いたことだろうが、彼がくれたリストの本を,私はどんどん読み進めた。しかし、私のこの哲学書の読書は偶然の出来事によってしばらくの間中断された。1892年の始めに、私は軽いインフルエンザ(流行性感冒)にかかったが、これはその後数ヶ月間(3,4ヶ月間)全く気力をなくさせるととも,何事に対してもまったく興味なくさせた。その時の私の研究(work 学業の結果=成績)は悪かった。そうして,私はインフルエンザにかかったこと及びその余波について誰にも話さなかったので、哲学書の読書が私の数学を損なったのだろうと(周囲の)人々は考えた。前に何を読むぺきかについて相談したことのあったジェイムズ・ウォードは,私を呼んで(注:James Ward sent for me 私に自分のところに来るように指示し)「優等生は優等生である(a Wrangler is a Wrangler. )」と言った。同一律(注:A=A)のこの一例(実例)から、彼は私が数学の優等生試験を済ますまで哲学書をもう読まないほうがよいという推論を引きだした。その結果ウォードが注意を与えてくれた時に心配されていたほど悪い成績を私は取らなかった。
Chapter 4: Excursion into Idealism, n.1
It was not until I went up to Cambridge, in October 1890, that I came across professional philosophers other than Mill, whether in their books or in person. Although during my first three years I had to give the bulk of my time to mathematics, I managed to get through a fair amount of philosophical reading and a large amount of philosophical arguing. Harold Joachim, a philosophy don at Merton and a disciple of Bradley, was our neighbour at Haslemere and became my uncle’s brother-in-law. I told him of my interest in philosophy, and he very kindly gave me a list of books to read. I remember only two items in the list: one was Bradley’s Logic which, he said, was good but hard; the other was Bosanquet’s Logic which, he said, was better but harder. Probably to his surprise, I proceeded to read the books on his list. But my reading of philosophy was interrupted for a time by an accidental occurrence. At the beginning of 1892 I had a slight attack of influenza which left me for several months completely without energy or interest in anything whatever. My work at this time was bad, and, as I had not told anybody about the influenza and its aftermath, it was supposed that reading philosophy was what had spoilt my mathematics. James Ward, whom I had consulted as to what I should read, sent for me and told me that a Wrangler is a Wrangler. From this instance of the law of identity he drew the inference that I had better read no more philosophy till after my mathematical Tripos, with the result that I did not do so badly in it as had been feared when he gave his advice.
 Source: My Philosophical Development, chap. 4,1959.  
 More info.:https://russell-j.com/beginner/BR_MPD_04-010.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です