ラッセル『私の哲学の発展』第3章 最初の努力 n.7


 (ラッセルの15歳の時の鍵付き日記帳から) <1888年4月18日>
 それでは(then その場合)、人間は死すべきものであり自由意志をもたないという理論(説) - もちろんこういう種類のものは単なる思弁であるので,単なる理論(説)にすぎない- を受けいれる時、我々人間は正(正しい)と不正(間違っている)とについて,いかなる観念を形作ることができるだろうか? 実際、(キリスト教の)予定説(注:predestination 救済の予定説:最終的に誰を救済するかは天地創造前に決定されているとする考え方 )のような不合理な教説 - は上の説と大同小異である。ただし、人々はそうは(似通ったものだとは)考えてはいない- に言及すれば、多くの人は(それでは)予定説では,良心(の問題)はどうなるのかという理由などを言う。(彼らは,良心神によって人間のなかに直接に植えつけられてきたと考えている)。さて(Now),私の考えは、我々人間の良心は、第一に、進化のおかげ(せい)であり、進化は当然のこと自己保存の本能を形成する。第二に,それはまた、文明と教育のおかげ(せい)であり、それらは自己保存の観念に大なる洗練を取り入れる(introduce)。たとえば,原始的な道徳の例として(モーゼの)十戒をとりあげてみよう。十戒のなかの多くのものは、種の保存(the preservation of the species)に最上の条件である共同体(社会)の平穏な暮らし(the quiet living )に資するもの(conductive to 助けとなるもの)である。そうして,常に考えられる最悪の罪でありかつ最も強い良心の呵責が感じられる罪は殺人であり、それは直接的な種の絶滅ヘ導くものだと感じられる。さらに、よく知られているように、ヘブライ人の間では、多くの子供を持つことは神のご愛顧の印であり,他方、子供のない人たちは神に呪われていると考えられた。ローマ人の間でもまた、寡婦未亡人は嫌われ、一年以上結婚せずにいることは禁ぜられていた、と私は思う。ところで,こういう独特の考えはどうして生じたのだろうか。それはただ憐れまれ,嫌われる対象(ものたち)が新たな人間を生み出さないからではなかったのか? 人間が相当分別をもつようになった時にそういう考えが発達してきた可能性を,我々は十分理解できる。というのは、もしある種族の中に殺人や自殺が常態的に行われるなら、その種族は死にたえるであろうし、従って、そういう行為が忌むべきものであると考える種族は非常に有利になるだろうからである(訳注:and hence one which held such acts in abhorrence would have a great advantage. みすず書房版の野田訳では、「one」が「a tribe」であることに気づかず、「そういう行為が忌むべきものであるという考えは、大変役に立つことになるからである」と訳出している)。もちろん、もっと文明の進んだ社会では、これらの観念は相当修正を受ける。それについての私自身の考えは、この後、述べることにする。

Chapter 3: First Efforts, n.7 (From Russell’s Diaries] Eighteen eighty-eight. Apr. 18th
Accepting, then, the theory that man is mortal and destitute of free will, which is as much as ever a mere theory, as of course all these kinds of things are mere speculations, what idea can we form of right and wrong? Many say, if you make any mention of such an absurd doctrine as predestination, which comes to much the same thing though persons don’t think so, why what becomes of conscience, etc. (which they think has been directly implanted in man by God)? Now my idea is that our conscience is in the first place due to evolution which would of course form instincts of self-preservation, and in the second place to civilization and education, which introduces great refinements of the idea of self-preservation. Let us take, for example, the ten commandments as illustrative of primitive morality. Many of them are conducive to the quiet living of the community which is best for the preservation of the species. Thus, what is always considered the worst possible crime, and the one for which most remorse is felt, is murder, which is direct annihilation of the species. Again, as we know, among the Hebrews it was thought a mark of God’s favour to have many children, while the childless were considered as cursed of God. Among the Romans, also, widows were hated and, I believe, forbidden to remain unmarried in Rome more than a year. Now why these peculiar ideas? Were they not simply because these objects of pity or dislike did not bring forth fresh human beings? We can well understand how such ideas might grow up when men became rather sensible, for, if murder and suicide were common in a tribe, that tribe would die out, and hence one which held such acts in abhorrence would have a great advantage. Of course, among more educated societies, these ideas are rather modified. My own, I mean to give next time.  
 Source: My Philosophical Development, chap. 3,1959.  
 More info.:https://russell-j.com/beginner/BR_MPD_03-070.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です