ラッセル『私の哲学の発展』第2章 私の現在の世界観 n.4


 あるいは、別の実例をとってみよう。ある裕福な皮肉屋(cynic)がいて、芝居好きの人達(theatergoer 観劇好き)の俗物根性(philistinism )にうんざりし、生きた人間の前ではなく,多数のビデオカメラ(cine-cameras 映画用カメラ,シネカメ)の前で劇を上演させることに決めたとしよう。(その場合)ビデオ用カメラは - それらは全て等しく高性能のものと仮定する- はそれぞれ,遠近法の法則(laws of perspective)及び(カメラの)舞台からの距離によって違いはありながら(も)互いにとても似通ったビデオ記録を生み出すであろう。これは,再び、写真乾板と同様に,それぞれの(一つ一つの)ビデオカメラにおいて、各瞬間に、複合の事象(出来事)(a complex of events いくつかの事象が複合したもの)が起っており、それは舞台において起っている複合した事象(出来事)密接な関係をもつということを示す。ここにおいては(も)、前の(写真乾の板)場合と同様に、多様な源(発生源)から進行する(発する)個々別々の影響を想定する必要がある。ある瞬間にある役者が「死ね(くたばれ),悪党!」とどなり、もう一人の役者が「人殺し! 助けて!」と叫ぶならば、この二つの事象(出来事)は(カメラに)記録され、従ってこの二つの事象(出来事)と関連する何ごとかがそれぞれのビデオカメラにおいて起っているに違いない。  もう一つ別の例をとろう。いまある演説が同時に多数の録音機によって録音されると想定すると、その録音記録は,元の演説にあきらかな形ではまったく似ていない(注:一方は人の声、一方はレコードに掘られた一連の溝,というようにまったく別物)。にもかかわらず,適切な機械装置によってその記録はもとの演説に非常によく似ているものを再生することができる。従って,それら記録はもとの演説と共通な何ものかをもっているに違いない。しかし,この両者が共通にもっているものは,構造に関して,かなり抽象的な言葉で言い表わすことができるだけである。放送は,同じプロセスについて、さらに良い(even better)実例を与える。一人の演説者と、ラジオでその演説を聞いている人との間に介在するものは、一見したところ(on the face of it),演説者の言うところにも,聴取者の聞くところにも,まったく似ていない。ここにもまた,びとつの因果(原因と結果)の連鎖があり、その最初(注:発声)は最後(注:再生した声)に似ているが、その中間項(intermediate terms 音が刻み込まれた溝)は、その本質(内在的性質)に関するかぎり、両端(最初と最後)とは全く異なった種類のもののように見える。この因果の連鎖の全体を通して保存されているのは、前の録音機の場合と同様この場合においても、構造についての一定の恒常性(不変性)である。

Chapter 2: My present view of the world, n.4
Or let us take another illustration. Let us imagine a rich cynic, disgusted by the philistinism of theatregoers, deciding to have a play performed, not before live people, but before a collection of cine-cameras. The cine-cameras – supposing them all of equal excellence – will produce closely similar records, differing according to the laws of perspective and according to their distance from the stage. This again shows, like the photographic plate, that at each cine-camera a complex of events is occurring at each moment which is closely related to the complex of events occurring on the stage. There is here the same need as before of separable influences proceeding from diverse sources. If, at a given moment, one actor shouts, ‘Die, Varlet!’ while another exclaims, ‘Help! Murder!’ both will be recorded, and therefore something connected with both must be happening at each cine-camera. To take yet another illustration: suppose that a speech is recorded simultaneously by a number of gramophones, the gramophone records do not in any obvious way resemble the original speech, and yet, by a suitable mechanism, they can be made to reproduce something exceedingly like it. They must, therefore, have something in common with the speech. But what they have in common can only be expressed in rather abstract language concerning structure. Broadcasting affords an even better illustration of the same process. What intervenes between an orator and a man listening to him on the radio is not, on the face of it, at all similar either to what the orator says or to what the listener hears. Here, again, we have a causal chain in which the beginning resembles the end, but the intermediate terms, so far as intrinsic qualities are concerned, appear to be of quite a different kind. What is preserved throughout the causal chain, in this case as in that of the gramophone record, is a certain constancy of structure.  Source: My Philosophical Development, chap. 2,1959.  More info.:https://russell-j.com/beginner/BR_MPD_02-040.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。