ラッセル『宗教と科学』第10章 結論 n.3


 今日、最も直接的に迫害の矢面にたっている科学経済学である(訳注:bear the brunt of:~の矢面に立つ,~をもろに受ける)。英国 -常にそうであるが,今日,例外的に寛容な国である英国- においては、その経済学に関する見解が政府にとって気に障る(不快な)者も、もしその意見を自分だけに留めておくか、一定の長さの本(分量の少ない本)に表明するだけに留めておけば、あらゆる処罰を免れるだろう。しかし、(そのような寛容な)英国においても、演説であるいは安価なパソフレットで共産主義的見解を表明すれば、生計(の手段)の喪失及び一定期間の入獄へと自らをさらす(expose to さらす,むきだしにする)。最近制定されたある法令 -この法令はこれまでのところ最大限には活用されていないが- の元では,政府が扇動的であると考える著作の著者だけでなく、それらの著作を所有している者は誰でも、その人がそれらの著作を国王陛下の軍隊の忠誠心を覆すために用いようと考えるかもしれないという理由(根拠)で処罰されがちである。  ドイツ(注:ヒトラー政権下)やロシアにおいては、正統説(正統であること)はもっと広範に及び(注:広範に決まっており/決められており)、非正統説に対する処罰はまったく異なる階層の厳しさをなしている。ドイツとロシアのどちらにおいても、政府によって公布された教義体系( a body of dogma)があり、それに公然と反対する者は、たとえ死を免れても、強制収容所で強制労働をさせられる傾向がある(させられがちである)。確かに、一方において異端であるもの(やこと)は何でも、他方においては正統であり、どちらか(の側)で迫害される者も、もし他方の側に逃亡することができれば、彼は英雄として歓迎される。けれども、彼らは(両方の側とも)、真理を促進する道は,きっぱりと(once for all),真実なることを述べ、その後,同意しない者は処罰することである,という異端審問所の教義(doctrine 原理;方針)を支持していることでは意見が一致している。科学とキリスト教会との間の闘争の歴史はこの教義(原理)が誤っていることを示している。われわれは、今日、ガレリオを迫害した者達は全ての真理を知っていたわけではないということを確信している。しかし,我々の中の一部の者は,ヒトラーやスターリンについては、そのことについて確信をもっていない。(注:熱狂的に信じている者がいる、ということ)  不幸なことに,不寛容にふける機会が正反対の両方の側 (注:正統と異端) に起こってきている。もし、科学者がキリスト教徒を迫害しうるような国があったとしても、おそらく、ガレリオの友人はあらゆる不寛容に抗議することはなく、ただ、敵側の不寛容に対してのみ抗議したであろう。その場合、ガレリオの友人は、ガリレオの学説(doctrine)をドグマにまで高めたことだろう。そうして、ガレリオも異端審問所も共に誤っていることを示したアインシュタイン(のような者)は、両陣営から追放され、隠れ家をどこにも見出しえなかっただろう。

Chapter 10: Conclusion, n.3
The science which, in the present day, bears the brunt of persecution most directly, is economics. In England – now, as always, an exceptionally tolerant country – a man whose views on economics are obnoxious to the Government will escape all penalties if he keeps his opinions to himself, or expresses them only in books of a certain length. But even in England, the expression of communist opinions in speeches or cheap pamphlets exposes a man to loss of livelihood and occasional periods in prison. Under a recent Act – which, so far, has not been used to its full extent – not only the author of writings which the Government considers seditious, but any man who possesses them, is liable to penalties, on the ground that he may contemplate using them to undermine the loyalty of His Majesty’s Forces. In Germany and Russia, orthodoxy has a wider scope, and the penalties for unorthodoxy are of quite a different order of severity. In each of those countries, there is a body of dogma promulgated by the Government, and those who openly disagree, even if they escape with their lives, are liable to forced labour in a concentration camp. It is true that whatever is heresy in the one is orthodoxy in the other, and that a man who is persecuted in either, if he can escape into the other, is welcomed as a hero. They are, however, at one in upholding the doctrine of the Inquisition, that the way to promote truth is to state, once for all, what is true, and then to punish those who disagree. The history of the conflict between science and the Churches shows the falsehood of this doctrine. We are all now convinced that the persecutors of Galileo did not know all truth, but some of us seem less certain about Hitler or Stalin. It is unfortunate that the opportunity to indulge intolerance has arisen on two opposite sides. If there had been a country where the men of science could have persecuted Christians, perhaps Galileo’s friends would not have protested against all intolerance, but only against that of the opposite party. In that case Galileo’s friends would have exalted his doctrine into a dogma, and Einstein, who showed that Galileo and the Inquisition were both wrong, would have been proscribed by both parties, and have been unable to find a refuge anywhere.
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 10: Conclusion
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_10-030.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です