ラッセル『宗教と科学』第9章 科学と倫理 n.9


 (これまで)私が主張してきた理論(説)は,価値の「主観性」と呼ばれる学説(注:価値情緒説)の一形態である。この説は,もし二人の人が価値について見解を異にするなら,それは何らかの種類の真理についての(意見の)不一致ではなく(両者の)好みの不一致である,ということを主張することにある(consist in ~で成り立っている)。もしある人が「牡蠣は旨い」と言い,他の人が「私はまずいと思う」と言えば,我々は(趣味の問題なので)そこには議論すべき何も存在しない,と認める。今問題にしている理論(説)は,価値に関するあらゆる相違は,こういった種類のものだと考える。ただし,牡蠣よりもっと高尚だと思われる事柄を扱っている時には,当然,そのようには考えられない(けれども)。このような見解がとられる主な原因は,これかあれかどちらかが本質的な価値を持つことを証明する根拠(理由)を見つけ出すことがまったくできないということにある。もし,我々全てが意見が一致しているのであれば,我々は価値を(何が価値を持っているかを)直観によって知る(知っている)と考えるかも知れない。我々は,色盲の人に対して,草は緑色をしていて赤色をしていないということを証明することはできない。しかし,色盲の人に対して,ほとんどの人が持っている識別能力をその人(色盲の人)は持っていないということを証明する多様な方法が存在している。しかるに,価値の(問題の)場合においては,そのような方法は存在しておらず,(意見の)不一致は色彩の場合よりもずっと頻繁である。価値に関する意見の不一致に判決を下す(deciding)方法は想像することさえできないので,その(意見の)相違趣味の相違によるものであって,何ら客観的な真理に関するもの(相違)ではない,という結論にならざるを得なくなる。

Chapter 9: Science and Ethics, n.9
The theory which I have been advocating is a form of the doctrine which is called the “subjectivity” of values. This doctrine consists in maintaining that, if two men differ about values, there is not a disagreement as to any kind of truth, but a difference of taste. If one man says “oysters are good” and another says “I think they are bad,” we recognize that there is nothing to argue about. The theory in question holds that all differences as to values are of this sort, although we do not naturally think them so when we are dealing with matters that seem to us more exalted than oysters. The chief ground for adopting this view is the complete impossibility of finding any arguments to prove that this or that has intrinsic value. If we all agreed, we might hold that we know values by intuition. We cannot prove, to a colour-blind man, that grass is green and not red. But there are various ways of proving to him that he lacks a power of discrimination which most men possess, whereas in the case of values there are no such ways, and disagreements are much more frequent than in the case of colours. Since no way can be even imagined for deciding a difference as to values, the conclusion is forced upon us that the difference is one of tastes, not one as to any objective truth.
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 9: Science and Ethics
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_09-090.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です