ラッセル『宗教と科学』第9章 科学と倫理 n.5


「価値」についての(いろいろな)問題「問い)は -即ち,その(及ぼす)影響とは独立に,それ自身で善あるいは悪であるものについての問題は- 宗教を弁護/擁護する人々が力強く主張するように,科学の領域の外にある。私は,この点において,彼らは正しいと考えるが,私は更に,「価値」に関する問題は全く知識の領域外にあるという結論 -彼らは導き出していない結論- を導き出す。即ち,我々が,あれこれが価値がある(価値をもっている)と主張する時,我々は自分自身の感情を表現している(感情に表現を与えている)のであって,我々の個人的感情が違ってもなお(if = even if)真理であるような事実を表現している(事実を言っている)のではない。このことを明らかにするために,我々は善の概念を分析してみなければならない。  第一に,善とか悪とかいう全ての概念は,(人間の)欲求と何らかの結びつきを持っていることは明らかである。一見したところ(Prima facie),我々全てが望むものは「善」であり,我々全てが恐れるものは「悪」である。我々全てがその欲求において一致するなら放っておくことができるが(the matter could be left there),不幸にも我々の欲求は衝突する。もし私が「私の欲する(望む)ことは善である」と言うなら,私の隣人は,「そうじゃない。私が欲する(望む)ことが善だ」と言うであろう。倫理学は,このような主観性から脱却しようとする試み -私はそれは(脱却に)成功するとは思わないけれどもー である。私は自然と(当然のこと),隣人との論争において,私の欲求(望んでいること)は隣人の欲求よりもより尊敬に値する性質を持っていることを示そうとする。もし,私は通行権(a right of way)を守ろうと思えば,(通行しようとする)地区の土地を所有していない住民(landless inhabitants)に訴えるだろう(アピールするだろう)。しかし,彼(通行対象の土地の所有者)は,自分の立場に立って,土地の所有者たち(地主たち)に訴えるだろう。私は「誰も見なければ,田園の美しさが何になるのだ」と言うだろう。彼は「もし旅行者(trippers 日帰り旅行者)があふれて荒廃が広がったら一体どんな美しさが残るというのだ」と言い返すだろう。いずれの側の人も,自分の欲求の方が第三者(当事者以外の人々)の欲求と調和する(一致する)ことを示すことによって,支持を得よう(←自軍に入隊させよう)とする。強盗の場合(事例)のように,こういう説得が明らかに不可能である時には,世論によって非難され,その倫理上の立場(地位)は罪人の立場(地位)になる。  倫理学はこのように政治と密接に関係している。即ち,政治は,ある集団の集団的欲求を(集団内の)各個人に影響を与えようとする試みである,あるいは,逆に,個人の欲求を(自分が属している)集団の欲求になるようにしようとする試みである。後者は,もちろん,その人の欲求が一般の利益に明らかに反していない場合にのみ可能である。泥棒(住居侵入窃盗犯)(burglar)は,人々に対し,自分はあなたたちに善をなしているのだと説得することはほとんどしないだろう。もっとも(ただし),金権政治家(plutocrat)は同じような試みをしてしばしば成功している(けれども)。我々の欲求が全ての人々が共通に享受できるものに向けられている場合には,他の人々も意見が一致する可能性があると望んでも不合理ではない(=合理的である)と思われる。こうして,真,善,美を評価する哲学者は,自分のために単に自分自身の欲求を表現しているのではなく,全人類の幸福への道を指し示しているように思われる。強盗とは違い,彼は自分の欲求が個人を超えた意味で価値を持っているものに対するものだと信ずることができる(のである)。
Chapter 9: Science and Ethics, n.5
Questions as to “values” – that is to say, as to what is good or bad on its own account, independently of its effects – lie outside the domain of science, as the defenders of religion emphatically assert. I think that in this they are right, but I draw the further conclusion, which they do not draw, that questions as to “values” lie wholly outside the domain of knowledge. That is to say, when we assert that this or that has “value,” we are giving expression to our own emotions, not to a fact which would still be true if our personal feelings were different. To make this clear, we must try to analyse the conception of the Good. It is obvious, to begin with, that the whole idea of good and bad has some connection with desire. Prima facie, anything that we all desire is “good,” and anything that we all dread is “bad.” If we all agreed in our desires, the matter could be left there, but unfortunately our desires conflict. If I say “what I want is good.” my neighbour will say “No, what I want.” Ethics is an attempt – though not, I think, a successful one – to escape from this subjectivity. I shall naturally try to show, in my dispute with my neighbour, that my desires have some quality which makes them more worthy of respect than his. If I want to preserve a right of way, I shall appeal to the landless inhabitants of the district ; but he, on his side, will appeal to the landowners. I shall say : “What use is the beauty of the countryside if no one sees it?” He will retort : “What beauty will be left if trippers are allowed to spread devastation?” Each tries to enlist allies by showing that his own desires harmonize with those of other people. When this is obviously impossible, as in the case of a burglar, the man is condemned by public opinion, and his ethical status is that of a sinner. Ethics is thus closely related to politics : it is an attempt to bring the collective desires of a group to bear upon individuals ; or, conversely, it is an attempt by an individual to cause his desires to become those of his group. This latter is, of course, only possible if his desires are not too obviously opposed to the general interest ; the burglar will hardly attempt to persuade people that he is doing them good, though plutocrats make similar attempts, and often succeed. When our desires are for things which all can enjoy in common, it seems not unreasonable to hope that others may concur ; thus the philosopher who values Truth, Goodness and Beauty seems, to himself, to be not merely expressing his own desires, but pointing the way to the welfare of all mankind. Unlike the burglar, he is able to believe that his desires are for something that has value in an impersonal sense.
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 9: Science and Ethics
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_09-050.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です