ラッセル『宗教と科学』第9章 科学と倫理 n.4


 種々の哲学者種々の善の概念を(これまで)形成してきた。とは神についての知識及び神を愛することだと考える者がいれば,普遍的な愛にあると考える者や,美を楽しむことにあると考える者がおり,またその一方で,快楽にあると考える者がいた。善の定義がなされるとすぐに,倫理の他の部分は以下のようになる。即ち,我々は,できるだけ善を多く生み出し,できるだけ(善と)相関関係のある悪を生むだすことが少ないと信ずるやり方で行為すべきである。究極的な(最高の)善がもし知られていると想定(仮定)される限り,道徳律の骨組みを作ること(framing)は,科学の(科学が取り組むべき)問題である。例えば,死刑(capital punishment)を窃盗に対して科すべきか;殺人に対してのみ科すべきか,あるいは(何に対しても)全く科すべきでないか?等の問題である。快楽は善であると考えたジェミー・ベンサムは,どのような刑法が最も快楽を増進させるかを解明すること(working out)に専心し,そうして,刑法は当時行なわれていたものよりもずっとゆるやかなものであるべきだとの結論を出した。これらの全ては - 快楽は善であるという命題を除いて- 科学の領域に属している。  しかし,我々があれこれは善であると言う時,何を意味しているのか明確にしようとする場合,我々は非常に大きな困難に巻きこまれる。快楽が善であるというベンサムの信条は激しい反対を引き起こし、そうして,豚の哲学だと言われた。彼も,彼の敵も,まったく議論を前進させることができなかった。科学上の問い(問題)においては(であれば),証拠は(賛成/反対の)両方の側から出すことができ,最後には一方の側がよりよいとが判定されるか、あるいは,そうでなければ,問い(問題)は未解決のままとされる。しかし,これやあれば究極的な善であるかどうかという問いについては,どちらにしても(either way)、証拠は存在しない各論者は自身の感情に訴えることしか,また,相手に同じような感情を呼び起こすような修辞的技巧(rhetorical devices 修辞的比喩表現)を用いることしかできない。  たとえば,現実政治(practical politics 実際政治)において重要になってきている問題を一つ取上げてみよう。J. ベンサムは,一人の人間の快楽は -その量が等しいときには- 他の人の快楽と同等の倫理的重要さがあると考えた。そうして,それを根拠に,彼は民主主義制度を擁護するようになった。ニーチェは,それに反し,超人(the great man)だけがそれ自体で重要であり,大部分の人間は超人の幸福のための手段にすぎないと考えた。彼は,普通の人々(ordinary men 普通で平凡な人々/大衆)を,多くの人々が動物を見るように,眺めた(注:超人から見れば大衆は動物レベル)。(即ち)彼は,大衆を彼ら自身の利益(good 幸福,利益)のためでなく,超人の利益のために利用することを正当化できると考えた。そして,この見解は,それ以来,民主主義の放棄を正当化するために採用されてきた。ここには,実践上極めて重要性のある鋭い(意見の)不一致がある。しかし,我々は,どちらの党派も,相手が正しいことを説得する科学的あるいは知的な手段をまったく持っていない()>(訳注:つまり,どちらも自分たちが正しいと信じきっている,ということ/to persuade either party that the other is in the right)。そのような問題に関する人々の意見を変える(いろいろな)方法があるのは事実であるが,それらはすべて情緒的なものであって,知的なものではない。
Chapter 9: Science and Ethics, n.4
Different philosophers have formed different conceptions of the Good. Some hold that it consists in the knowledge and love of God ; others in universal love ; others in the enjoyment of beauty ; and yet others in pleasure. The Good once defined, the rest of ethics follows : we ought to act in the way we believe most likely to create as much good as possible, and as little as possible of its correlative evil. The framing of moral rules, so long as the ultimate Good is supposed known, is matter for science. For example : should capital punishment be inflicted for theft, or only for murder, or not at all? Jeremy Bentham, who considered pleasure to be the Good, devoted himself to working out what criminal code would most promote pleasure, and concluded that it ought to be much less severe than that prevailing in his day. All this, except the proposition that pleasure is the Good, comes within the sphere of science. But when we try to be definite as to what we mean when we say that this or that is “the Good,” we find ourselves involved in very great difficulties. Bentham’s creed that pleasure is the Good roused furious opposition, and was said to be a pig’s philosophy. Neither he nor his opponents could advance any argument. In a scientific question, evidence can be adduced on both sides, and in the end one side is seen to have the better case – or, if this does not happen, the question is left undecided. But in a question as to whether this or that is the ultimate Good, there is no evidence either way ; each disputant can only appeal to his own emotions, and employ such rhetorical devices as shall rouse similar emotions in others. Take, for example, a question which has come to be important in practical politics. Bentham held that one man’s pleasure has the same ethical importance as another man’s, provided the quantities are equal ; and on this ground he was led to advocate democracy. Nietzsche, on the contrary, held that only the great man can be regarded as important on his own account, and that the bulk of mankind are only means to his well-being. He viewed ordinary men as many people view animals : he thought it justifiable to make use of them, not for their own good, but for that of the superman, and this view has since been adopted to justify the abandonment of democracy. We have here a sharp disagreement of great practical importance, but we have absolutely no means, of a scientific or intellectual kind, by which to persuade either party that the other is in the right. There are, it is true, ways of altering men’s opinions on such subjects, but they are all emotional, not intellectual.
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 9: Science and Ethics
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_09-040.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です