ラッセル『宗教と科学』第9章 科学と倫理 n.3


 哲学者たちは,異なった道をたどって,異なった立場 -その立場においては,同様に(also また,同様に)道徳律は従属的地位にある- に達した。彼「善」という概念を組立て,それ(「善」という概念)によって(大ざっばに言えば),それ自体でまたその結果とは独立して,我々が存在していることを望むもの,あるいは,もし彼ら(哲学者たち)が有神論者であれば神を喜ばすようなもの,を(彼ら=哲学者たちは)意味している。大部分の人は,幸福は不幸よりも好ましいこと,友好的であることは友好的でないことよりも好ましい等々のことに,賛成するだろう。この(哲学者達の)見解によると,道徳律は,それ自身で(「善」という概念)善なるものの存在を促進(助長)する場合は正当化されるがそうでない場合は正当化されない。殺人の禁止は,その結果からみて,ほとんどの場合正当化できるが,寡婦(未亡人)をその夫の葬式の火葬の薪の上で焼く行為は正当化できない(訳注:ヒンドゥー社会における慣行で、寡婦が夫の亡骸とともに焼身自殺をすることを言っている)。従って,前者の規則は維持されるべきであるが,後者は維持されるべきではない。けれども,最善の道徳律にも,「いくらか」例外はあるだろう。なぜなら,「常に」悪い結果をもつような行為はないからである。このようにして,ある行為が論理的に推奨されるということには,(以下の)3つの異なった意味がある。(即ち)(1)その行為は,一般に受け入れられている道徳律に一致している(か),(2)その行為は,よい結果をもつようにまじめに意図されている(か),(3)その行為は事実(実際に)良い結果をもつ(か)。けれども,三番目の意味は,一般に,道徳には入らないと考えられている。正統派神学によると,イスカリオテのユダの裏切行為はよい結果をもたらしたが、なぜならそれは贖罪(訳注:Atoment しょくざい:「キリストによる償い」 《キリストがその受難と死によって全人類に代わって罪をあがなったとする信仰>>)に必要であったからである。しかし,それを理由にして,ユダの裏切りを賞賛すべきではない。
Chapter 9: Science and Ethics, n.3
Philosophers, by a different road, have arrived at a different position in which, also, moral rules of conduct have a subordinate place. They have framed the concept of the Good, by which they mean (roughly speaking) that which, in itself and apart from its consequences, we should wish to see existing – or, if they are theists, that which is pleasing to God. Most people would agree that happiness is preferable to unhappiness, friendliness to unfriendliness, and so on. Moral rules, according to this view, are justified if they promote the existence of what is good on its own account, but not otherwise. The prohibition of murder, in the vast majority of cases, can be justified by its effects, but the practice of burning widows on their husband’s funeral pyre cannot. The former rule, therefore, should be retained, but not the latter. Even the best moral rules, however, will have some exceptions, since no class of actions always has bad results. We have thus three different senses in which an act may be ethically commendable : (i) it may be in accordance with the received moral code ; (2) it may be sincerely intended to have good effects ; (3) it may in fact have good effects. The third sense, however, is generally considered inadmissible in morals. According to orthodox theology, Judas Iscariot’s act of betrayal had good consequences, since it was necessary for the Atonement ; but it was not on this account laudable.
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 9: Science and Ethics
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_09-030.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です