ラッセル『宗教と科学』第8章 宇宙の目的 n.4


 目的という概念(The conception of purpose)は,職人(artificer 熟練工)に当てはまる自然概念である(注:通常は 「natural concept」が「自然概念」,「natural conception」が「自然妊娠」という使われ方のようであるので「?」/「自然概念」というのはわかりにくいが,物理的・人工的概念ではなく,生命体特に人間に適応される概念,といったような意味か?)。 家を欲しいと思う者は,アラビアン・ナイトにおける場合は別として,単に望んだだけで家を持つことはできない。(即ち)その希望が満足(充足)され得る前に,時間と労力とを費やさなければならない。しかし,全能者(Omnipotence 神)はそのような制約を受けない(制限の影響下にない subject to no such limitations)。もし,神が実際に人間のことを良く思うなら(注:think well of 良く考える;じっくり考える)-私には神が人間のことを良く考えているとは思われないが- 神はなぜ,創世紀にあるように,直ちに人間の創造へと進まなかったのだろうか?(注:進化論では人間が最後に誕生したとしている)。魚竜(ichthyosaurs),恐竜(dinosaurs),ディプロドクス(大型草食性恐竜の一種),マストドン(注:原始的な象)等々は,一体何を意味するのだろうか?(どんな重要性があるというのか?) バーンズ博士自身,あるところで,サナダムシは何のために存在するのか神秘であると告白している。狂犬病(rabies)や恐水病(hydrophobia)によってどういった有益な目的が与えられるのだろうか? 自然法則は必然的に善とともに悪を生み出すと言うことは答えにならない。なぜなら,神が自然法則を定めたからである(神が自然法則を定めたことになっているからである)。罪による(原罪が原因の)悪は,我々人間の自由意志の結果であると説明されるかも知れないが,人類出現以前における悪の問題が依然として残る。バーンズ博士がウイリアム・ジレスピーによって与えられた解決策(solution 解答) -(即ち)猛獣(beasts of prey)の肉体の中には,獣の創造以前に(antedated ~に先行して)最初の罪をおかした悪魔が住んでいる- を受け入れるとは思われない。だが,他の論理的に満足できるどのような答えを提案できるか気づく(見つけ出す)ことは困難である。この困難(問題)は歴史の古いのもであるが,それでもなお現実的な困難(問題)である。(即ち)罪(原罪)のせいではない悪を含む(ような)世界を創造した全能なる存在者(神)は,少なくとも部分的にそれ自身悪でなければならない(ということになる)。(原注:インゲ主席司祭が指摘するように,「我々は悪の問題を,我々が常習的に創造主に課す狭い道徳主義により誇張する。神が単なる道徳的存在であるという説には証拠はまったくない。我々が神の法則やその働き/作用を観察すると,明らかに,神は単なる道徳的存在ではないことを示している。」『率直な随筆』第2巻p.24参)

Chapter 8:Cosmic Purpose , n.4
The conception of purpose is a natural one to apply to a human artificer. A man who desires a house cannot, except in the Arabian Nights, have it rise before him as a result of his mere wish ; time and labour must be expended before his wish can be gratified. But Omnipotence is subject to no such limitations. If God really thinks well of the human race – an unplausible hypothesis, as it seems to me – why not proceed, as in Genesis, to create man at once? What was the point of the ichthyosaurs, dinosaurs, diplodochi, mastodons, and so on? Dr. Barnes himself confesses, somewhere, that the purpose of the tapeworm is a mystery. What useful purpose is served by rabies and hydrophobia? It is no answer to say that the laws of nature inevitably produce evil as well as good, for God decreed the laws of nature. The evil which is due to sin may be explained as the result of our free will, but the problem of evil in the prehuman world remains. I hardly think Dr. Birnes will accept the solution offered by William Gillespie, that the bodies of beasts of prey were inhabited by devils, whose first sins antedated the brute creation ; yet it is difficult to see what other logically satisfying answer can be suggested. The difficulty is old, but none the less real. An omnipotent Being who created a world containing evil not due to sin must Himself be at least partially evil. (* As Dean Inge puts it: “We magnify the problem of evil by our narrow moralism, which we habitually impose upon the Creator. There is no evidence for the theory that God is a merely moral Being, and what we observe of His laws and operations here indicates strongly that He is not.” Outspoken Essays, Vol. II, p. 24. )
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 8: Cosmic Purpose  
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_08-040.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です