ラッセル『宗教と科学』第8章 宇宙の目的 n.2 


 これら3つの形態の全てが、既に言及したBBC(英国放送協会)の談話(talks 形式張らない講演)を収録した本のなかに表われている。バーミンガムの主教(Bishop)は有神論的形態を、ホールデン教授は汎神論的形態を、アレキサンダー教授は「発現的」形態を ーただし,ベルグソンとロイド・モルガン教授はもしかするとこの3番の形態の最も典型的な代表者かも知れない- を主張している。これらの学説はそれらの主張者自身の言葉で述べられていることにより,おそらく,より明らかになるであろう  バーミンガムの主教は、「宇宙には人間の理性(rational mind)に類似した合理性があり」また「このこと(それ)が、宇宙の(進化の)過程は心(心的なもの)によって方向付けされているのではないだろうか(←方向付けされていないことを疑う)という疑問を抱かせる」と主張している。この(バーミンガムの主教の)疑いは長く続かない。(彼によれば)我々はすぐに以下のように学ぶのである。(即ち) 「この(宇宙の)巨大なパノラマの中に、文明人の創造において頂点に達した進歩が明らかに存在してきた。そのような進歩は盲目的な力から出てきたものであろうか? この疑問に『そうだ』と答えることは空想的であると私(バーミンガムの司教)には思われる。・・・事実、今日科学的な方法によって勝ち取られた知識から自然に得られる結論は、この宇宙は思考 -意志によって明確な目的に向って導かれた思考- の振動の支配下にある(注:subject to the sway of thought 物質は現象にすぎず,宇宙の本質は心的なものである,という考え方)。人間の創造は、こうして(従って),電子や陽子の特性,あるいは,そういう表現がお好みなら,時空における非連続性の,まったく解釈不能で全てありそうもない結果ではなかった(のである)。(即ち)それは何らかの宇宙の目的の結果であった。そうして、その(宇宙の)目的がめざして向かっている終局(ends 最後の目的地)は、人間の際立った性質と能力との中に発見されなければならない。事実、人間の道徳的及び霊的能力は、その頂点において、人間の存在の源泉であるところの宇宙の目的の本質を示している(のである)。」

Chapter 8:Cosmic Purpose , n.2
All these three forms are represented in the volume of B.B.C. talks already mentioned. The Bishop of Birmingham advocates the theistic form. Professor J. S. Haldane the pantheistic form, and Professor Alexander the “emergent” form – though Bergson and Professor Lloyd Morgan are perhaps more typical representatives of this last. The doctrines will perhaps become clearer by being stated in the words of those who hold them. The Bishop of Birmingham maintains that “there is a rationality in the universe akin to the rational mind of man,” and that “this makes us doubt whether the cosmic process is not directed by a mind.” The doubt does not last long. We learn immediately that “there has obviously, in this vast panorama, been a progress which has culminated in the creation of civilized man. Is that progress the outcome of blind forces? It seems to me fantastic to say ‘yes’ in answer to this question. … In fact, the natural conclusion to draw from the modern knowledge won by scientific method is that the Universe is subject to the sway of thought – of thought directed by will towards definite ends. Man’s creation was thus not a quite incomprehensible and wholly improbable consequence of the properties of electrons and protons, or, if you prefer so to say, of discontinuities in space-time : it was the result of some Cosmic Purpose. And the ends towards which that Purpose acted must be found in man’s distinctive qualities and powers. In fact, man’s moral and spiritual capacities, at their highest, show the nature of the Cosmic Purpose which is the source of his being.”
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 8: Cosmic Purpose    
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_08-020.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です