ラッセル『宗教と科学』第7章 神秘主義 n.9


 今までずっと私は,我々は陪審員団であると想定し,神秘主義者たちの証言を傾聴し,そうして,彼らの証言を受け入れるか拒否するかを決めようと試みてきた。彼らが感覚世界の実在を否定する時,それがもし(実際の)法廷において普通に使われる「実在」(という言葉)を意味するものととるとしたら,彼らの主張を拒否するのをまったく躊躇すべきではない。なぜなら,我々はそうした主張は(神秘主義者たち以外の)あらゆる他の証言と矛盾し(注:run counter to ~に逆行する),また,彼らが(瞑想状態から) 日常の状態(mundane moments)に戻った時(瞬間)の彼ら自身の証言にも反しているのに気づく(発見する)からである。従って,我々は(本当は彼らが何を言おうとしているのか)何か他の意味を探さなければならない神秘主義者が「実在」(という言葉)を「仮象(現象)」(という言葉)と対照させる時,「実在」という言葉は論理的な意味ではなく,情緒的な意義(significance)を持っていると私は考える。それ(「実在」)は,ある意味で,重要なことを意味している。時間は「実在しない(架空のものである)」と言われる時,ある意味において,またある場合において,創造主(神)が -もし創造主が存在したなら- 宇宙(この世界)を創造する決意をした時に心に抱いたよう,に一つの全体としての宇宙を抱くことは重要である。そのように宇宙が抱かれる場合(構想される場合),全ての(創造の)過程は一つの完結せる全体の中にある(注:見かけ上の時間も同時に創造)。(即ち)過去,現在,未来は全て,ある意味で,同時に存在し,現在は、我々の通常の認識方法では持っている(ように見える)あの優れた実在(性)(that pre-eminent reality)を持っていない(のである)。もしこのような解釈が受け入れられるのなら,神秘主義は情緒を表している(表現している)のであって,事実を表しているのではない(ことになる)。(そうであれば)それは何も主張しておらず,従って,科学によって検証もされなければ反駁もされない。神秘主義者たちが(いろいろな)主張をするという事実は,彼らが情緒面での重要性と科学的妥当性(信頼性)とを区別することができないせいである。もちろん,このような見解を彼らが受け容れるとは期待できないが,私の理解できる限りでは,このような見解は,-彼らの主張をも幾分認めると同時に(while)- 科学的知性にとって許容できる(not repugnant 気に食わないと思わない)唯一のものである

Chapter 7: Mysticism, n.9 All this time I have been supposing that we are a jury, listening to the testimony of the mystics, and trying to decide whether to accept or reject it. If, when they deny the reality of the world of sense, we took them to mean “reality” in the ordinary sense of the law-courts, we should have no hesitation in rejecting what they say, since we should find that it runs counter to all other testimony, and even to their own in their mundane moments. We must therefore look for some other sense. I believe that, when the mystics contrast “reality” with “appearance,” the word “reality” has not a logical, but an emotional, significance : it means what is, in some sense, important. When it is said that time is “unreal,” what should be said is that, in some sense and on some occasions, it is important to conceive the universe as a whole, as the Creator, if He existed, must have conceived it in deciding to create it. When so conceived, all process is within one completed whole ; past, present, and future, all exist, in some sense, together, and the present does not have that pre-eminent reality which it has to our usual ways of apprehending the world. If this interpretation is accepted, mysticism expresses an emotion, not a fact ; it does not assert anything, and therefore can be neither confirmed nor contradicted by science. The fact that mystics do make assertions is owing to their inability to separate emotional importance from scientific validity. It is, of course, not to be expected that they will accept this view, but it is the only one, so far as I can see, which, while admitting something of their claim, is not repugnant to the scientific intelligence.
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 7:
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_07-090.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です