ラッセル『宗教と科学』第7章 神秘主義 n.8


 神秘主義の教義(信条)の中には智慧の核心があるように思われるので茶化さないことは重要である。時間を否定することから出てくると思われる極端な結果を避けるために神秘主義がどのような努力をしているか見てみよう(seek to 努力する)。  神秘主義にもとづく哲学には,パルメニデスからヘーゲルに至る偉大な伝統がある。パルメニデスは次のように言っている。(即ち)「(現在)存在するものは創造されることも破壊することもない。なぜなら,それは完全かつ不動かつ終りがない(ものである)からである。それは過去こうであったということもないし,将来こうであるだろうということもない。というのは,それは現在であり,全体が連続一体(連続的な一つのもの)だからである。」(バーネット『初期ギリシア哲学』p.199から引用)彼は,形而上学に,実在と仮象(appearance)との区別,あるいは,彼が名付けるところの,真理の道と臆見の道(the way of opinion)との区別を導入した(注:「臆見(おっけん)」というのは,実在でないものを実在だと錯覚して抱く意見や知識)。時間の実在を否定する者は誰もがそういった何らかの区別を導入しなければならないことは明らかである。なぜなら,世界は明らかに時間の中にあるように(私たち人間には)「思われる」からである。また,もし日常経験が「完全に」幻想であるわけではないとしたら,仮象(現象)とその背後にある実在との間に何らかの(ある一定の)関係がなければならないことも明らかである。だが,最大の問題(difficulties 困難)が生ずるのもこの点においてである。もし仮象(現象)と実在との関係が余りに親密なものにされると,仮象(現象)の不快な特色の全てが実在の中にその不快な対応物を持つことになり,一方,もし両者の関係が離れすぎたものにされるなら,我々は仮象(現象)の性格から実在の性格を推論することができなくなるだろう。そして,実在は,ハーバート・スペンサーの(場合)ように(as with と同様に),不明瞭かつ不可知なもののままにされるだろう(取り残されるであろう。キリスト教徒には汎神論を避けるのに関連した問題(困難)がある。(即ち)もし,世界が単に見かけ上のもの(仮象/現象)に過ぎないとしたら,神(注:キリスト教の神)は何も創造しなかったことになり,世界(宇宙)に対応する実在は神の一部であることになる。しかし(そうではなくて),世界がいかなる程度であっても実在し,また,神より区別されるとしたら,我々は神秘主義の本質的な学説である万物の一体性(という考え)を放棄し,また,世界が実在する限り,世界が(その一部として)含んでいる悪もまた実在するということを想定せざるをえなくなる。そういった問題(困難)は,正統派のキリスト教徒が徹底した神秘主義をとることをとても困難にするバーミンガムの司教が言うように,「もし人間が実際に神の一部であるとしたら,人間の中に存在する悪は神の中にもまた存在することになるが故に,あらゆる形態の汎神論は斥けられなければならないと私には思われる」(ということになる)

Chapter 7: Mysticism, n.8
It is important not to caricature the doctrine of mysticism, in which there is, I think, a core of wisdom. Let us see how it seeks to avoid the extreme consequences which seem to follow from the denial of time. The philosophy based upon mysticism has a great tradition, from Parmenides to Hegel. Parmenides says : “What is, is uncreated and indestructible ; for it is complete, immovable, and without end. Nor was it ever, nor will it be ; for now it is, all at once, a continuous one.”(* Quoted from Burnet’s Early Greek Philosophy, p. 199.) He introduced into metaphysics the distinction between reality and appearance, or the way of truth and the way of opinion, as he calls them. It is clear that whoever denies the reality of time must introduce some such distinction, since obviously the world appears to be in time. It is also clear that, if everyday experience is not to be wholly illusory, there must be some relation between appearance and the reality behind it. It is at this point, however, that the greatest difficulties arise : if the relation between appearance and reality is made too intimate, all the unpleasant features of appearance will have their unpleasant counterparts in reality, while if the relation is made too remote, we shall be unable to make inferences from the character of appearance to that of reality, and reality will be left a vague Unknowable, as with Herbert Spencer. For Christians, there is the related difficulty of avoiding pantheism : if the world is only apparent, God created nothing, and the reality corresponding to the world is a part of God ; but if the world is in any degree real and distinct from God, we abandon the wholeness of everything, which is an essential doctrine of mysticism, and we are compelled to suppose that, in so far as the world is real, the evil which it contains is also real. Such difficulties make thorough-going mysticism very difficult for an orthodox Christian. As the Bishop of Birmingham says : “All forms of pantheism … as it seems to me, must be rejected because, if man is actually a part of God, the evil in man is also in God.”
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 7:
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_07-080.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です