ラッセル『宗教と科学』第7章 神秘主義 n.2


 科学と宗教との間の現在の関係は,国家(英国)が両者の関係が(そうであることを)望むように(?),1930年の秋,BBC(英国放送協会)から放送された,12の談話からなる非常に有益な書物である『科学と宗教(に関する)シンポジウム』によって確かめられるかも知れない(注:本は翌年の1931年に出版されている)。もちろん,この本の中には宗教に敵対する人たち(の話)は含まれなかった。なぜなら,(to mention no other argument 言うまでもなく?),(もし含まれていたら)彼らは(BBCの)聴取者の中の,よりオーソドックスな考えの人たち(正統信仰の人々)の感情を傷つけたであろうからである(注:当時はラジオ放送なので「視聴者」ではなく「聴取者)。この談話の中には,ジュリアン・ハックスレー教授による優れた序論があり,それは極めて弱い正統信仰に対する支持さえまったく含んでいなかったのは事実である。しかし,また,リベラルな英国国教会の信者Churchmen)が今日反対しそうなものもほとんど含んでいなかった。はっきりした意見(見解)を表明し,思い通りに議論を進めることを許されていた(BBCラジオの)スピーカたちは種々様々な立場をとり,それは,神(の存在)と不死(不滅)を信ずることを阻止したいというマリノフスキー教授の感傷的な明言(avowal)から,啓示の真理は科学の真理よりも確実であり,衝突の存する時にも啓示の真理が勝利を占めねばならない主張するオアラ神父の,大胆な断言に至るまで,様々な立場があった。しかし,詳細な点では種々異なっていても,伝えられる一般的な(総括的な)印象では,宗教と科学との闘争は(今や)終わりにきているということであった。その結果は,期待することができたものの全てであった(期待可能な全ての結果が得られた)。このようにして,聖堂参事会員(Canon)のストリーター(Burnett H. Streeter,1874-1937:英国の聖書学者)は -彼は最後にBBCラジオで話をしたが- 次のように述べた。「先に行われた諸講義において注目すべきことは,彼らの(話の)大意(注:general drift :荒地出版社刊の津田訳では「一般的潮流」)が一つの同じ方向に動いていたその道であった・・・(即ち)科学だけ(science by itself 科学単独)では不十分だという考えが繰り返えされていた」(と)。このような全会一致科学と宗教についての事実(全会一致)なのか,あるいはBBCを統制する当局者たちについての事実(全会一致)なのか,問われるかも知れない。しかし,多くの相違があるにも関らず,このシンポジウム(の本の)著者たちがストリーター氏によって述べられた点に同意するようなものを示していることは認めなければならない。

Chapter 7: Mysticism, n.2
The present relations between science and religion, as the State wishes them to appear, may be ascertained from a very instructive volume, Science and Religion, a Symposium, consisting of twelve talks broadcast from the B.B.C. in the autumn of 1930. Outspoken opponents of religion were, of course, not included, since (to mention no other argument) they would have pained the more orthodox among the listeners. There was, it is true, an excellent introductory talk by Professor Julian Huxley, which contained no support for even the most shadowy orthodoxy ; but it also contained little that liberal Churchmen would now find objectionable. The speakers who permitted themselves to express definite opinions, and to advance arguments in their favour, took up a variety of positions, ranging from Professor Malinowski’s pathetic avowal of a balked longing to believe in God and immortality to Father O’Hara’s bold assertion that the truths of revelation are more certain than those of science, and must prevail where there is conflict ; but, although the details varied, the general impression conveyed was that the conflict between religion and science is at an end. The result was all that could have been hoped. Thus Canon Streeter, who spoke late, said that “a remarkable thing about the foregoing lectures has been the way in which their general drift has been moving in one and the same direction. . . . An idea has kept on recurring that science by itself is not enough.” Whether this unanimity is a fact about science and religion, or about the authorities who control the B.B.C., may be questioned ; but it must be admitted that, in spite of many differences, the authors of the symposium do show something very like agreement on the point mentioned by Canon Streeter.
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 7:
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_07-020.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です