ラッセル『宗教と科学』第6章 決定論 n.13


 心理学と生理学は,自由意志の問題に関する限り,自由意志(の存在)を否定する(make improbable ありそうもないものとする)傾向にある。内分泌に関する研究(work on internal secretions),脳のいろいろな部分の働きに関する知識の増加条件反射に関するパブロフの調査研究,抑圧された記憶や欲求の及ぼす影響に関する精神分析的研究は,全て精神現象を支配する因果律(因果法則)の発見に寄与した。もちろん,これらのいずれも自由意志の(存在の)可能性を論駁(否定)しなかったが,たとえ(はっきりした)原因のない意志(uncaused volitions → 自由意志)が生じるとしても(if = even if),それらの研究は,原因のない意志(=自由意志の存在)は非常に稀である確率を高いものとした。  自由意志に属すると想定されている情緒的重要性は,主としてある種の思考の混乱に基づいているように思われる。人々は,もし意志に原因があるなら,自分たちがしたいとは思わないことをするように強いられるかも知れないと想像する。もちろん,これは誤り(勘違い)である。願望自体にたとえ原因があるとしても,願望は行為の原因である。我々はしたくないことをすることはできないが,そのような制約(があること)に文句を言うことは不合理だと思われる。我々の顧望が妨げられる時は不愉快であるが,願望が妨げられることは,願望に原因がない時よりも原因があるときの方がより起りそうである(可能性がある)ということはない。また,決定論は,我々は無力であるという感情を(必ず)起させることはない。権力の本質は意図した結果を得ることができるということにあり,それは,我々の意図の原因が発見されることにより増加したり減少したりしない。

Chapter 6 Determinism, n.13
Psychology and physiology, in so far as they bear upon the question of free will, tend to make it improbable. Work on internal secretions, increased knowledge of the functions of different parts of the brain, Pavlov’s investigation of conditioned reflexes, and the psycho-analytic study of the effects of repressed memories and desires, have all contributed to the discovery of causal laws governing mental phenomena. None of them, of course, have disproved the possibility of free will, but they have made it highly probable that, if uncaused volitions do ever occur, they are very rare. The emotional importance supposed to belong to free will seems to me to rest mainly upon certain confusions of thought. People imagine that, if the will has causes, they may be compelled to do things that they do not wish to do. This, of course, is a mistake ; the wish is the cause of action, even if the wish itself has causes. We cannot do what we would rather not do, but it seems unreasonable to complain of this limitation. It is unpleasant when our wishes are thwarted, but this is no more likely to happen if they are caused than if they are uncaused. Nor does determinism warrant the feeling that we are impotent. Power consists in being able to have intended effects, and this is neither increased nor diminished by the discovery of causes of our intentions.
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 6:
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_06-130.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です