ラッセル『宗教と科学』第5章 魂と肉体 n.17


 「意識」という概念のより重要な役割(part)は,我々が内省によって発見することと関係(関連)がある。我々(人間)は外界の対象(物)に反応するだけでなく,自分が反応するということを知っている。石は自らがいつ反応するかを知らないと我々は考えるが,もし(万一)石が反応するとしたら,石は(も)「意識」を持っている(ということになる)。ここでもまた,分析によって(論理的に突き詰めてゆけば),その相違(人間と石の反応の相違)は程度の差であることがわかるであろう。我々があるものを見ていることを知ることは,それが記憶でないなら(記憶されたものでないなら),見ることを越えて(over and above the seeing 見ること以上の),新しい(一片の)知識には実際にはならない。もし我々があるものを見て,その直後に我々はそれを見ていると思案(reflect 熟考,内省)するなら,内観的(introspective 内省的)に見えるその思案(するもの)(reflection)は直接的記憶(即時記憶)である。記憶は,明らかに「心的(精神的)」なものだと言われるかも知れないが,それも否定されるかも知れない(注:unwound : unwind の 過去分詞形)。(即ち)記憶は習慣の一形態であり -習慣は,例えば,巻紙(ロールペイパー)が解かれた時に再び丸まるように(注:記憶合金を思い出すとよい),他の場所で起こる可能性があるが- 習慣は神経組織の一つの特徴である。私は,上述したことが,我々が漠然と「意識」と呼んでいることの完全な分析だと言うつもりはない。(また)この問題は大きな問題であり,(説明には)一冊の書物を必要とするだろう。私はただ,一見して精確な概念に思われるものも,実際は全くその逆であり,科学的心理学者にとっては別の用語(terminology 専門用語)が必要である,ということを示唆したかっただけである

Chapter 5: Soul and body, n.17
The more important part of the notion of “consciousness” is concerned with what we discover by introspection. We not only react to external objects, but we know that we react. The stone, we think, does not know when it reacts, but if it does it has “consciousness.” Here also, on analysis, the difference will be found to be one of degree. To know that we see something is not really a new piece of knowledge, over and above the seeing, unless it is a memory. If we first see something, and then, immediately afterwards, reflect that we saw it, the reflection, which seems introspective, is an immediate memory. Memory, it may be said, is something distinctively “mental,” but this again may be denied. Memory is a form of habit, and habit is characteristic of nervous tissue, though it may occur elsewhere, for example in a roll of paper which rolls itself up again if it is unwound. I do not suggest that the above is a complete analysis of what we vaguely call “consciousness” ; the question is a large one, and would require a volume. I mean only to suggest that what at first sight seems a precise concept is really quite the opposite and that a different terminology is required by scientific psychologists.
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 5:
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_05-170.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です