ラッセル『宗教と科学』第5章 魂と肉体 n.12


 この説(心身並行説)は信じ難い上に,自由意志を救えないという欠点がある。心身並行説では,身体の状態心の状態との間には厳密な対応があると想定されており(There wa supposed to be),従って,どちらか一方(の状態)を知ることができれば他方(の状態)も理論的に(は)推論可能だと考えられた(のである)。この対応説を知っており,かつ,物理学の法則も知っている者は,充分な知識とスキルさえあれば,物理的な出来事(事象)と同様に心的出来事(事象)(の生起を)を予言可能になる。いずにせよ(in any case)心的な意志作用は,もしそれに身体的な表現(manifestations 現れ)が伴わなければ無用なものとなる。あなたは「今日は(こんにちは/お元気ですか」と言おうとする時,それは身体的行為(物理的な行為)であるので,物理学の法則が支配した(determined 決定した)。そうして,もしあなたが反対の(意味の)ことを言うことが事前に決定していたとするなら(=こんにちは、という事が物理的/身体的に事前に確定していたとするなら),「さようなら」 と言おうと「意志する」こともできたと信ずることはほとんど慰めにならないであろう(注:精神は物質に影響をまったく与えないというなら,「さようなら」と言いたくても言えない、ということ)。  従って,18世紀のフランスにおいて,このデカルト説(心身並行説)が,人間を完全に物理学の法則によって支配されるものとして扱う純粋な唯物論に席を譲ったことは驚くべきことではない(注:give place to 席を譲る,~にとって代わられる)。この哲学(唯物論哲学)においては,(人間の)意志はもはやいる場所はなく,罪の概念は消失する。魂(精神)といったものはまったく存在せず,従って,人体の中で一時的に結合するバラバラの個々の原子の不滅(不死)以外には不滅(不死)なものは存在しない唯物論哲学は -フランス革命を過激なものにする一つの要因になり- (フランス革命中)恐怖の的となり,恐怖政治の時代(注:フランス革命時にロベスピエールを中心とするジャコバン派が行った統治のこと)以後は,当初はフランスと戦っている全ての人々にとって,(また)1814年以後はフランス政府を支持した全ての人々にとって,恐怖の対象となった((注:ナポレオン戦争中の1814年5月30日に,フランス帝国と第六次対仏大同盟の間の戦争を終わらせたパリ条約が締結された。) 英国は正統信仰にあと戻りし,ドイツはカントの後継者たちの理想主義哲学(idealistic philosophy)を採用した(idealistic philosophy 理想主義。idealism は理想主義と訳されたり,観念論と訳されたりするが,ここでは理想主義が適切と思われる)。次に,ロマン主義(浪漫主義)運動が起こり,感情を好み,人間の行為を数学の公式によってコントロールすることに耳を傾けようとはしなかった。  その間,人体生理学において,唯物論を嫌った人たちは,神秘主義あるいは「生命力」(vital force)の中に逃避した(注:たとえば,「生命に非生物にはない特別な力を認める」生気論(italism)など)。科学は決して(生きた)人体を理解できないと考える者もいれば,化学や物理学の原理以外の原理に頼る(訴える)ことによってのみ科学は人体を理解することができると宣言する者もいた。後者には現在いまだ少数の支持者がいるが,両方の見解のどちらも,今日では生物学者の間にあまり人気がない。胎生学,生化学,有機化合物の人工生産等においてなしとげられてきた成果により,生命体の特質化学や物理学の言葉(用語)によって完全に説明可能となることがますます有り得そうになってきている。もちろん,進化論は動物の体に適用される原理は人間の身体には適用され得ないと想定することを不可能にしてきた(してきている)。

Chapter 5: Soul and body, n.12
This theory, besides being difficult to believe, had the disadvantage that it could not save free will. There was supposed to be a strict correspondence between states of body and states of mind, so that, when either was known, the other could theoretically be inferred. The man who knew the laws of this correspondence, and also the laws of physics, could, if he had enough knowledge and skill, predict mental occurrences as well as physical ones. In any case, the mental volitions were useless if no physical manifestations followed. The laws of physics determined when you would say “how do you do,” since this is a physical action ; and it would be small consolation to believe that you could will to say “goodbye” if it was foreordained that you should in fact say the opposite. It is not surprising, therefore, that the Cartesian doctrine gave place, in eighteenth-century France, to pure materialism, in which man is treated as wholly governed by the laws of physics. Will no longer has any place in this philosophy, and the concept of sin disappears. There is no soul, and therefore there is no immortality except that of the separate atoms which are temporarily joined together in the human body. This philosophy, which was supposed to have contributed to the excesses of the French Revolution, became an object of horror, after the Reign of Terror, first to all who were at war with France, and then, after 1814, to all Frenchmen who supported the government. England relapsed into orthodoxy, Germany adopted the idealistic philosophy of Kant’s successors. Then came the romantic movement, which liked emotions and would not hear of the control of human actions by mathematical formulae. In human physiology, meanwhile, those who disliked materialism took refuge either in mystery or in the “vital force” : some thought that science could never understand the human body, others declared that it could only do so by invoking principles other than those of chemistry and physics. Neither of these views has now much popularity among biologists, though the latter still has a few supporters. The work which has been done in embryology, in bio-chemistry, and in the artificial production of organic compounds, makes it more and more probable that the characteristics of living matter are wholly explicable in terms of chemistry and physics. The theory of evolution has, of course, made it impossible to suppose that principles applicable to animal bodies are not applicable to those of human beings.  出典:Religion and Science, 1935, chapt. 5:
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_05-120.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。