ラッセル『宗教と科学』第4章 悪魔研究と医学 n.11


 迫害がその頂点に達した時でさえ,暴風雨,大量のあられ(hail-storms),雷の音(雷鳴)や光(雷光)は本当に女性(婦人)たちのたくらみ(machinations)によって引き起こされるのか(どうか)を危険を冒して疑った勇敢な合理主義者たちが少数ではあるが存在した。(しかし)そのような人々には情けはかけられなかった(shown no mercy)。そうして,16世紀の末頃,トレーブ大学学長で選挙裁判所(electral court)の裁判長のフラーデ(注:Dietrich Flade, 1534-1589:ドイツの法律家)は,数えきらないほどの魔女を糾弾した後に,彼女たちの自白はもしかすると拷問台での拷問を逃れたいという欲求のためかも知れないと思い始めた。その結果,有罪を宣告することは本意ではないと告げた。彼は悪魔に自分を売り渡したかどで告訴され,自分がかつて他人に科した同じ拷問にさらせれた。彼女たち(魔女たち)と同様に自分の罪を告白し,1589年に,首を絞められ,焼き殺された(注:フラーデは男性なので、ー魔女」としてではなく,「魔女使い」として処罰されたとのことです。魔女裁判で有罪となったので女性と勘違いをしている人がいるようです。

Chapter IV Demonology and Medicine, n.11
Some few bold rationalists ventured, even while the persecution was at its height, to doubt whether tempests, hail-storms, thunder and lightning were really caused by the machinations of women. Such men were shown no mercy. Thus towards the end of the sixteenth century Flade, Rector of the University of Treves, and Chief Judge of the Electoral Court, after condemning countless witches, began to think that perhaps their confessions were due to the desire to escape from the tortures of the rack, with the result that he showed unwillingness to convict. He was accused of having sold himself to Satan, and was subjected to the same tortures as he had inflicted upon others. Like them, he confessed his guilt, and in 1589 he was strangled and then burnt.
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 4:
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_04-110.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です