ラッセル『宗教と科学』第4章 悪魔研究と医学 n.6


 精神障害の取扱いは,想像されるように,特に迷信的であり,医学の他のいかなる分野よりもずっと長期間そうであった。狂気は悪魔に取りつかれるせいだとされた。(そうして)そういう見解に対する権威付け(根拠)(aruthority)は新約聖書の中に見つけることができた。時には,(病気の)治療は,悪魔祓いにより,あるいは(聖なる)遺物にふれることにより,あるいは悪魔よ出てこいと命ずる聖職者の言葉により,効果を上げることができた。時には,魔術の香りのする要素が宗教に混じっていた。例えば,「悪魔が人にとりつくか,あるいは,体の内部から病によって人を支配する時,ハウチワマメ(lupin ルピナス属)の分泌物,イワミツバ(bishopswort)、ヒヨス(henbane),にんにく(を用意し)、これらを一緒につき砕き(粉にして),ビール(エール/地ビール)や聖水を加えよ」(といった具合である)。  そのようなやり方には余り害はなかったが,間もなく,悪霊を追い出す最上の方法は,悪霊を苦しめその自尊心(pride 自惚れ/傲慢さ)をくじくことであると考えられるようになった。なぜなら,自尊心(自惚れ)は悪魔が転落する原因(source 源)だからである。また,悪臭のするものやむかつかせるものも使われた。悪魔祓いの儀式(formula)は,ますます長時間なものになり,またますます猥褻さにあふれたものになっていった。そのような方法によって,ウィーンのイエズス会の修道士たちは,1582年に12,652の悪魔追い出した(そうである)。けれども,そのような穏やかな方法がダメなときには,病人は鞭打たれた。(即ち)もし,悪魔がそれでも患者から離れない時には,患者は,拷問にかけられた。何世紀もの間,数え切れないほどの寄る辺なき精神錯乱者(狂人)たちは,野蛮な看守の残忍さに委ねられた(given over to)。このような残忍さを生んだ迷信的信仰がもはや受け入れられなくなった時でさえも,精神錯乱者(狂人)ほ手荒に取扱われるべきだという伝統が残った。(たとえば)睡眠妨害はひろく認められた方法であり,折檻(castigation)も認められたもう一つの方法であった。ジョージ三世は,気が狂った時,健全であった時よりも悪魔が余計とりついているとは(以前のように)思われなかったけれども,鞭打たれたのである。

Chapter 4: Demonology and Medicine, n.6 The treatment of mental disorders, as may be imagined, was peculiarly superstitious, and remained so longer than any other branch of medicine. Insanity was regarded as due to diabolical possession — a view for which authority could be found in the New Testament. Sometimes a cure could be effected by exorcism, or by touching a relic, or by a holy man’s command to the demon to come forth. Sometimes elements which savour of magic were mixed with religion. For example ; “When a devil possesses a man, or controls him from within with disease, a spew-drink of lupin, bishopswort, henbane, garlic. Pound these together, add ale and holy water.” In such methods there was no great harm, but presently it came to be thought that the best way to drive out the evil spirit was to torture it, or to humiliate its pride, since pride was the source of Satan’s fall. Foul odours were used, and disgusting substances. The formula of exorcism became longer and longer, and more and more filled with obscenities. By such means, the Jesuits of Vienna, in 1583, cast out 12,652 devils. When, however, such mild methods failed, the patient was scourged ; if the demon still refused to leave him, he was tortured. For centuries, innumerable helpless lunatics were thus given over to the cruelty of barbarous gaolers. Even when the superstitious beliefs by which cruelty had originally been inspired were no longer accepted, the tradition survived that the insane should be treated harshly. Prevention of sleep was a recognized method ; castigation was another. George III, when mad, was beaten, though no one supposed him more possessed of a devil than when sane.
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 4:
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_04-060.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です