ラッセル『宗教と科学』第3章 進化 n.20


 ダーウインの理論は,突然変異(chance variation 偶然の変異 → 現在の mutation 突然変異)が起ることに依拠しているが,彼も告白しているように,その原因は未知であった(知られていなかった)。所与のペア(雌雄)の子孫は必ずしも全て(両親に)似ているわけではないということは,観察にもとづく事実である。家畜品種改良(artificial selection 人為的な淘汰/選抜 → 品種改良)によって大いに改良されてきている。(即ち)人間の仲介を通して(the agency of man),乳牛はより多くの乳を出すようになり,競走馬はより速く走るようになり,はより多くの羊毛を生み出すようになった。そういった事実は,淘汰によって何を成し遂げることができるかについて,ダーウインが入手できる最も直接的な証拠を与えた。飼育者(ブリーダー),は魚を有袋動物(marsupial)に,あるいは有袋動物を猿に変えることができないのは確かである。しかし,それほどの大きな変化が(も),地質学者が必要とする無限の年月の間には,起ることを予想(期待)してよいかも知れない。さらに,多くの場合(事例において),共通の祖先の(祖先が共通である)証拠が存在した。(即ち)化石は,現在の種の広く分離した種の間の,中間に位置する(いろいろな)動物が過去に存在していたことを示している(示した)。たとえば,翼竜(pterodactyl)は,半ば鳥で半ば爬虫類であった。発生学者(胎生学者)(embryologist)は,発育の過程において,未成熟な動物は初期の形態を反復することを発見した。(たとえば)哺乳類の胎児(mammalian foetus)は,ある段階において,魚のエラの退化器官(痕跡器官)をもつが,それは全く何の役にたたず,祖先の歴史の反復発生(recapitulation)として以外はほとんど説明のつかないものである。進化の事実や進化がもたらされる主な仲介者である自然淘汰の事実を生物学者に納得させるために,多方面(異なる多くの面)から議論がなされた(のである)(persuade ~ of)。

Chapter 3: Evolution, n.20 Darwin’s theory depended upon the occurrence of chance variations, the causes of which, as he confessed, were unknown. It is an observed fact that the posterity of a given pair are not all alike. Domestic animals have been greatly changed by artificial selection : through the agency of man cows have come to yield more milk, race-horses to run faster, and sheep to yield more wool. Such facts afforded the most direct evidence available to Darwin of what selection could accomplish. It is true that breeders cannot turn a fish into a marsupial, or a marsupial into a monkey ; but changes as great as these might be expected to occur during the countless ages required by the geologists. There was, moreover, in many cases, evidence of common ancestry. Fossils showed that animals intermediate between widely separated species of the present had existed in the past ; the pterodactyl, for example, was half bird, half reptile. Embryologists discovered that, in the course of development, immature animals repeat earlier forms ; a mammalian foetus, at a certain stage, has the rudiments of a fish’s gills, which are totally useless, and hardly to be explained except as a recapitulation of ancestral history. Many different lines of argument combined to persuade biologists both of the fact of evolution, and of natural selection as the chief agent by which it was brought about.
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 3: Evolution.
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_03-200.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です