『宗教と科学』第3章 進化 n.8


 ラプラス(Pierre-Simon Laplace, 1749-1827:フランスの数学者、物理学者、天文学者)の有名な星雲説は,1796年,彼の『宇宙体系の解説』(Exposition du Systeme du Monde)の中で初めて発表されたが,彼は明らかに星雲説がカントによって(既に)相当程度先鞭がつけられていたことを全く知らなかった(anticipated by Kant)。星雲説は,ラプラスにとって仮説以上のものでは決してなく,「観察や計算の結果得られたものでない全てのものにつきものの疑い(mistrust)を持ちつつ」という注の中で提唱されたものである(It was put forward in a note 注の中で提唱された)。しかし,(星雲説は)今日では(新しい理論によって)取って代わられたけれども,一世紀の間,人々の思索を支配した(のである)。彼はこう考えた。(即ち)今日太陽と惑星の体系であるものは,もともとは(最初は)単一の分散した星雲であること;(そうして)それは次第に収縮し,その結果,より速く回転するようになったこと;遠心力がそれらの塊りを遠くに飛ばし惑星になったこと;また,同じプロセスが繰返され,惑星の衛星(注:たとえば、地球にとっての月)が生じたこと。彼は,フランス市民革命という画期的な時代(転換期)に生きており,全くの自由思想家であり,神による世界の創造(説)を完全に拒否した。天界における神の専制への信仰が地上における専制(政治)に対する尊敬を助長すると考えていたナポレオンは,ラプラスの『天体の力学」(注:全5巻)の大著がまったく神に言及していないことに気がついて言った時(observed 気がつく;述べる),この天文学者は,「陛下,私はそのような仮説は必要としません」と応えた。当然のこと,神学の世界(神学者たち)は苦しめられたが,彼らのラプラス嫌いは,無神論や革命フランスに行き渡っていた一般的な邪悪に対する憎悪のなかに融合していた(溶け込んでいた)。そして,いずれにおいても,天文学者との闘いは軽率であることが後に明らかになった。

Chapter 3: Evolution, n.8

Laplace’s famous nebular hypothesis was first published in 1796, in his Exposition du Systeme du Monde, apparently in complete ignorance that it had been in a considerable degree anticipated by Kant. It was, for him, never more than an hypothesis, put forward in a note, “with the mistrust which must be inspired by everything that is not a result of observation or calculation” ; but, though now superseded, it dominated speculation for a century. He held that what is now the system of the sun and the planets was originally a single diffuse nebula ; that gradually it contracted, and in consequence rotated faster ; that centrifugal force caused lumps to fly off, which became planets ; and that the same process, repeated, gave rise to the satellites of the planets. Living, as he did, in the epoch of the French Revolution, he was a complete freethinker, and rejected the Creation altogether. When Napoleon, who conceived that belief in a heavenly Monarch encouraged respect for monarchs on earth, observed that Laplace’s great work on Celestial Mechanics contained no mention of God, the astronomer replied : “Sire, I have no need of that hypothesis.” The theological world was, of course, pained, but its dislike of Laplace was merged in its horror of the atheism and general wickedness of revolutionary France. And in any case battles with astronomers had been found to be rash.
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 3: Evolution.
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_03-080.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です