『宗教と科学』第3章 進化 n.7


 この(カントの)著作が注目に値するのは,ひとつには,銀河や星雲(注:nebulas 宇宙空間に漂う,重力的にまとまりをもった宇宙塵や星間ガスなどから成る天体)がその構成単位である物質世界全体という概念により,また,ひとつには,最初の(初期の)空間全体(宇宙全体)に物質がほぼ均一に分布している状態から漸進的に成長(発達)するという考えである。これは,(神による)突然の創造を進化に置き換えようとする最初の真剣な試みであり,この新しい見方(見解)が最初に現れたのは,天界についての理論に関してであり,(我々に身近な)地上の生命に関してではなかったことは興味深い。  けれども,様々な理由から,カントの著作はほとんどひと目を引かなかったこの本を出版したとき,彼はまだ若者(31歳)であり,いまだそれほどの評価を受けていなかった。彼は哲学者であり,専門的な数学者や物理学者ではなかった。そして,彼が力学の知識に欠けていたことは,自足的な体系(a self-contained system)がもともとは持っていなかった回転を得ることが出来ると想定していた点に現われていた。さらに,彼の理論のいくつかは全くの空想であった(空想的なものであった)。例えば,彼は,惑星の住民は,惑星が太陽から遠ければ遠いだけ優れているにちがいないと考えた(must be better the farther)。この見解は(我々)人類に関する謙虚さのために推奨されるべきものではあるが(注:皮肉),科学に対するいかなる考察によっても支えらていない。これらの理由から,カントの著作は,内容は同じだが,もっと専門的で要求にかなう理論がラプラスによって展開されるまで,ほとんど気づかれないままであった

Chapter 3: Evolution, n.7

What makes this work remarkable is, on the one hand, the conception of the material universe as a whole, in which the galaxy and the nebulas are constituent units, and on the other hand the notion of gradual development from an almost undifferentiated primal distribution of matter throughout space. This is the first serious attempt to substitute evolution for sudden creation, and it is interesting to observe that this new outlook appeared first in a theory of the heavens, not in connection with life on the earth. For various reasons, however, Kant’s work attracted little attention. He was still a young man (thirty-one years old) at the time of its publication, and had as yet won no great reputation. He was a philosopher, not a professional mathematician or physicist, and his lack of competence in dynamics appeared in his supposing that a self-contained system could acquire a spin which it did not originally possess. Moreover, parts of his theory were purely fantastic – for example, he thought that the inhabitants of the planets must be better the farther they were from the sun, a view which is to be commended for its modesty as regards the human race, but is not supported by any considerations known to science. For these reasons, Kant’s work remained almost unnoticed until a similar but more professionally competent theory had been developed by Laplace.
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 3: Evolution.
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_03-070.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です