『宗教と科学』第3章 進化 n.6


 アン女王の時代に考えられた(抱かれた)法の支配(の概念)(the reign of law : 専断的な国家権力の支配を排し権力を法で拘束するという英米法系の基本的原理であるが,現代の法治主義とは異なる概念)は,,政治的安定及び革命の時代は去ったという確信,と結びついている。人々が再び変化を望み始めると,自然法則の作用(働き)という概念はより静的なものでなくなった(became less static動的なものとなっていった?)。  太陽,惑星,恒星の成長に関する科学的理論を構築しようとする最初のまじめな試みは,1755年カントによって「一般自然史と天界の理論,即ち,ニュートンの原理により扱われた宇宙の全構造(物)の構成と力学的起源に関する研究」と名付けた本--の中でなされた。これは,ある点において,現代天文学の成果に先鞭をつけた(つける)極めて注目すべき著作である。本書は,裸眼で見える全ての星は一つの体系,即ち,天の川(注:Milky Way 銀河系の一つ、即ち我が地球が属している特定の銀河)あるいは銀河(注:Galaxy 天の川に限らず銀河一般)に属しているという考えを打出すことで始まっている。これら全ての星は,ほとんど一つの平面にあり(lie 位置しており),カントはそれらが太陽系に似た統一性をもっていることを示唆した。カントは驚くべき想像力あふれる洞察力をもって,この星雲(注:the nebulae: nebulae は nebula の複数形。ここでは我が銀河系)を,他の類似している,しかし,無限に距離の隔った星の集り(星の集団)であると見なしている。これは今日一般的に主張されている(held 抱かれている)見解である。彼は,星雲,銀河,恒星,惑星,衛星は,全てもともとは散らばっていた物質であったが,たまたま他の場所よりもいくらか濃い密度をもっている領域の回りに凝縮することによって生じたという説を持っている(注:現代の天文学によれば,高密度の分子雲が重力で収縮して球状のプラズマとなり恒星が形成されていく)。その説は一部は数学的に支持し難いものであるが,おおざっぱに言って,その後の研究の方向性(進行方向)と同じものであった。カントは,物質世界は無限であり,そのことが創造主の無限性に値する唯一の考え方であると信じている。彼は,(物質の)混沌状態から組織化への漸進的な変化があり,その過程は宇宙の重力の中心に始まり,その地点から最も隔った領域に向かって徐々に拡がっていく- その過程は無限な空間及び無限な時間を必要とする- と考える。

Chapter 3: Evolution, n.6

The Reign of Law, as conceived in the time of Queen Anne, is associated with political stability and the belief that the era of revolutions is past. When men again began to desire change, their conception of the workings of natural law became less static. The first serious attempt to construct a scientific theory of the growth of the sun, the planets, and the stars, was made by Kant in 1755, in a book called General Natural History and Theory of the Heavens, or Investigation of the Constitution and Mechanical Origin of the Whole Structure of the Universe, treated according to Newtonian Principles. This is a very remarkable work, which, in certain respects, anticipates the results of modern astronomy. It begins by setting forth that all the stars visible to the naked eye belong to one system, that of the Milky Way or Galaxy. All these stars lie nearly in one plane, and Kant suggests that they have a unity not unlike that of the solar system. With remarkable imaginative insight, he regards the nebulae as other similar but immensely remote groups of stars – a view which is now generally held. He has a theory – in part mathematically untenable, but broadly on the lines of subsequent investigations – that the nebulae, the galaxy, the stars, planets, and satellites, all resulted from condensation of an originally diffuse matter about regions in which it happened to have somewhat more density than elsewhere. He believes that the material universe is infinite, which, he says, is the only view worthy of the infinity of the Creator. He thinks that there is a gradual transition from chaos to organization, beginning at the centre of gravity of the universe, and slowly spreading outwards from this point towards the remotest regions – a process involving infinite space and requiring infinite time.
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 3: Evolution.
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_03-060.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です