宗教と科学』第2章 コペルニクス革命(コペルニクス的転回) n.20


 カトリック(カソリック/旧教)とプロテスタント(新教)との間における他の(様々な)相違がなんであれ,両者は慧星の問題については同意見であった(be at one)。カトリック系の大学においては,天文学の教授たちは,彗星に関する科学的見解と両立しない宣誓(oath)をしなければならなかった。1673年,ローマのクレメンタイン大学総長のアウグスティン・デ・アンジュリス神父(Father Augustin de Angelis)は,気象学(meteorologyに関する書物を出版し,その中で次のように述べている。 「彗星は天体ではなく,月下の,地球の大気中に生ずる(ものである)。なぜなら,天上のものは全て永遠かつ不朽であるが,彗星には始めと終りがあるからである。従って(ergo),彗星は天体ではありえない」。  これは,ティコ・ブラーエ(注:Tycho Brahe、1546- 1601:デンマークの天文学者。膨大な天体観測記録を残してケプラーの法則を生む基礎を作った。)に対する反駁において言われたことであり,ティコ・ブラーエは(それ以前に),後にケプラー(注:Johannes Kepler、1571-1630:1599年にティコ・ブラーエ に助手としてプラハに招かれた。)の支援を得て,1577年(に現れた)の彗星は月の上(の世界のもの)であるという信念を支持する充分な理由(reasons)を与えていたのである。アウグスティン神父は彗星の散漫な動き(erratic movements)を,神によってこの仕事をするために任命された天使たちによって起されたと想定することによって説明した。(英国人の)妥協精神において,とても英国人的なのは,英国学士院会員のラルフ・ソレスビー(Ralph Thoresby, F.R.S)の1862年の日記の一節であり,その年にハレー彗星が現われ,その軌道の計算を初めて可能にした(のである)。彼はこう書いている。「主よ,如何なる変化をそれ(彗星)が予兆しようとも,我らをそれに適応せしめ給え(fit us for)。それらの彗星が自然の原因から生じることに気づいていないわけではないが,それらは,また,しばしば,自然の災害の前兆でもあるからである」。  慧星は(自然)法則に従うのでありしかも彗星は地球の大気中にもないことの最終的な証明は,3人のおかげである。(即ち)スイス人ドエルフェル(Doerfel)は1682年の慧星の軌道は,放物線(a parabola)に近かったことを示し,ハレーは1682年の彗星(1682以後彼にちなんでハレー彗星と命名された)は -1066年の時及びコンスタンチノープルの陥落の際にも人々に恐怖をひこ起こしたもの- は約76年の周期の,非常に細長い楕円軌道を持つことを示した。そして,1687年に出されたニュートンの『プリンキピア』は,万有引力の法則は惑星の運動と同様に彗星の運動も充分説明する(説明できる)ことを示した。(そのため)前兆が存在することを望む神学者たちは一歩退いて,地震と火山の噴火に(前兆の)拠り所を求めるしかなかった(compelled to fall back upon)。しかし,地震も噴火も天文学に属することではなく,別の科学,即ち,後に発展した,地質学(geology)に属していた。地質学は,無知の時代から受け脈がれた教義に対し,それ自身の別の闘いをしなければならなかった(のである)。

Chapter 2: The Copernican Revolution, n.20
Whatever their other differences, Catholics and Protestants were at one on the matter of comets. In Catholic universities, professors of astronomy had to take an oath which was incompatible with a scientific view of comets. In 1673, Father Augustin de Angelis, rector of the Clementine College at Rome, published a book on meteorology, in the course of which he stated that “comets are not heavenly bodies, but originate in the earth’s atmosphere below the moon ; for everything heavenly is eternal and incorruptible, but comets have a beginning and ending — ergo, comets cannot be heavenly bodies.” This was said in refutation of Tycho Brahe, who, with the subsequent support of Kepler, had given abundant reasons for the belief that the comet of 1577 was above the moon. Father Augustin accounts for the erratic movements of comets by supposing them caused by angels divinely appointed to this task. Very British, in its spirit of compromise, is an entry in the diary of Ralph Thoresby, F.R.S., in the year 1682, when Halley’s comet was making the appearance which first enabled its orbit to be calculated. Thoresby writes : “Lord, fit us for whatever changes it may portend ; for, though I am not ignorant that such meteors proceed from natural causes, yet are they also frequently the presages of natural calamities.” The final proof that comets are subject to law and are not in the earth’s atmosphere was due to three men. A Swiss named Doerfel showed that the orbit of the comet of 1680 was approximately a parabola ; Halley showed that the comet of 1682 (since called after him), which had roused terror in 1066 and at the fall of Constantinople, had an orbit which was a very elongated ellipse, with a period of about seventy-six years ; and Newton’s Principia, in 1687, showed that the law of gravitation accounted as satisfactorily for the motions of comets as for those of planets. Theologians who wanted portents were compelled to fall back upon earthquakes and eruptions. But these belonged not to astronomy, but to a different science, that of geology, which developed later, and had its own separate battle to fight against the dogmas inherited from an ignorant age.
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 2.
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_02-200.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です