第18章 権力を手懐けること, n.22


 民主主義から離縁(離婚)された国家社会主義の危険性は,ソ連(ソビエト連邦)における趨勢(注:the course of events:種々の出来事が辿った過程)によってよく例証されてきている。(世の中には)ソ連に対する態度が宗教的信仰に対する態度である(と同じである)人々がいる。彼らにとっては,この国(ソ連)において全てが上手くいっているわけではないという証拠を吟味することは不敬である(となる)。しかし,(革命以前の)昔の熱狂的な(革命の?)支持者の証言は,この問題について道理を受け入れる心(minds are open to reason)を持っている人々に,ますます確信を与えるものとなりつつある(注:former enthusiasts の意味が必ずしもはっきりしない)。これまでの(諸)章で我々が関心を持ってきた歴史と心理(の観点)からの論議は,無責任な権力に慈悲深くあることを期待することはいかに性急であるか,を示している。権力に関して,実際に起っていることは,ユージン・ライオンズ(Eugene Lyons)の以下の言葉によって要約されている。 「(国家の)最上部(最高幹部)に絶対主義が存在していれば,生活や表現,労働や快楽,報賞や処罰等の,あらゆる手段を独占する,数十万,いや数百万の大小の独裁者を国家のなかに生み出すことになる。中央集権化された独裁的支配は,委譲された権威(権力)の人間機械(機械化された人間),ビラミッド型に段階づけられた官僚機構,(自分より)上位の者にへつらうとともに下位の者に威圧的になる(いばる)各層を通して機能しなければならない。そこに純粋に民主的なブレーキが存在し,全ての者が,たとえ神に聖油を注がれた者(神権の所有者)であっても従わなければならない厳格な法的義務(hard and fast legality)という矯正物がないかぎり,権力機構は抑圧(圧政)の機関となる。唯一の雇傭者,即ち,国家が唯一の雇用者である場合には,経済的に生きのこる第一の法則は,従順であることである。同一の官僚集団が,秘密逮捕や処罰,公民権剥奪(disfranchisement = disenfranchisement),雇傭や解雇,(物資の)配給量カテゴリーや居住スペースの割当(など)について恐るべき権力をふるう場合には,白痴,あるいは,殉教に対する倒錯した趣味を持った人間のみが,そういった官僚に叩頭の礼をつくさない(fail to kow-tow)(それ以外はみな権限を持っている役人にペコペコする)であろう。」(出典:『ユートピアの配給割当』p.195)

Chapter 18: The taming of Power, n.22 II The dangers of State Socialism divorced from democracy have been illustrated by the course of events in the USSR. There are those whose attitude to Russia is one of religious faith ; to them, it is impious even to examine the evidence that all is not well in that country. But the testimony of former enthusiasts is becoming more and more convincing to those whose minds are open to reason on the subject. The arguments from history and psychology with which we have been concerned in previous chapters have shown how rash it is to expect irresponsible power to be benevolent. What actually happens, as regards power, is summed up by Eugene Lyons in the following words. ‘Absolutism at the top implies hundreds of thousands, even millions, of large and small autocrats in a state that monopolizes all means of life and expression, work and pleasure, rewards and punishments. A centralized autocratic rule must function through a human machine of delegated authority, a pyramid of graded of officialdom, each layer subservient to those above and overbearing to those below. Unless there are brakes of genuinely democratic control and the corrective of a hard-and-fast legality to which everyone, even the anointed of the Lord, is subjected, the machine of power becomes an engine of oppression. Where there is only one employer, namely, the State, meekness is the first law of economic survival. Where the same group of officials wields the terrible power of secret arrests and punishments, disfranchisement, hiring and firing, assignment of ration categories and living space — only an imbecile or some one with a perverted taste for martyrdom will fail to kowtow to them.’ (note: Assignment in Utopia, p. 195.)  出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER18_220.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です