第18章 権力を手懐けること n.7


 このように,ジレンマ(注:相反する二つの事の板ばさみになってどちらとも決めかねる状態)が存在している。民主主義に関係する集団が小さい場合は,個人(市民一人ひとり)に政治的な権力において自分は有効な分前を持っているという感じを与えるが(注:he has an effective share in political power 権力の一部を持っている/政治に参与している),関係する集団が大きい場合は与えない。他方では,当該集団が大きければ問題の争点は重要なものとして人の心を打つ傾向があるが,集団が小さい場合はそうはならない。  この困難も,選挙区(a constituency)が地理的なものではなく職業上のものであれば,ある程度までは避けられる。真に有効な民主主義は、たとえば,労働組合の中(内部)においては可能である。組合の各支部は,支部ごとに集って政治の厄介な問題(a vexed question)について議論することができるし,組合員は似たような関心や経験を持っており,そのことは議論を実りのあるものにする。従って,全組合の最終決定は,組合員の大部分が自分も役割を持っていたと感ずることのできるようなものになりうる。  けれども,このようなやり方(労働組合方式)には限界があることは明らかである。多くの問題は,本質上,地理的なものであるので地理的な選挙区(選挙区が地理的なものになること)は避けられない。公共団体は非常に多くの点で我々の生活に影響を及ぼしているので,政治家でない多忙な者は,自分に関係のある地域的あるいは全国的な問題(争点)の大部分について,行動をとることができない。最良の解決(策)は,多分,労働組合幹部(trade union official,) - 一定の利害を代表するように選ばれる- のやり方を拡張することであろう。現在,多くの利害(事項)について,利害代表者をもっていない。もし民主主義が政治的同様に心理的にも存在すべきだとすれば,民主主義には,多様な利害関係組織及び,構成員の数や熱意によって正当化される影響力が何であれそれを持っている(enjoy 享受する)者による,政治的交渉における代表(者)が必要である。私は,これらの代表者たちが議会の代替であるべきであると言っているのではなく,彼らは議会に多様な市民集団のいろいろな願望を気づかせるためのチャネル(経路/ルート/伝達路)であるべきである,と言っているしだいである。

Chapter 18: The taming of Power, n.7
There is thus a dilemma : democracy gives a man a feeling that he has an effective share in political power when the group concerned is small, but not when it is large; on the other hand, the issue is likely to strike him as important when the group concerned is large, but not when it is small. To some extent this difficulty is avoided when a constituency is vocational, not geographical ; a really effective democracy is possible, for example, in a trade union. Each branch can meet to discuss a vexed question of policy; the members have a similarity of interest and experience, and this makes fruitful discussion possible. The final decision of the whole union may, therefore, be one in which a large percentage of members feel that they have had a part. This method, however, has obvious limitations. Many questions are so essentially geographical that a geographical constituency is unavoidable. Public bodies affect our lives at so many points that a busy man who is not a politician cannot take action about most of the local or national issues that concern him. The best solution would probably be an extension of the method of the trade union official, who is elected to represent a certain interest. At present, many interests have no such representative. Democracy, if it is to exist psychologically as well as politically, demands organization of the various interests, and their representation, in political bargaining, by men who enjoy whatever influence is justified by the numbers and enthusiasm of their constituents. I do not mean that these representatives should be a substitute for Parliament, but that they should be the channel by which Parliament is made aware of the wishes of various groups of citizens.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER18_070.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です