第18章 権力を手懐けること n.6


 権力を手懐けるという観点から,政治(統治)の単位の最適な規模に関して非常に難しい(諸)問題が出てくる。現代の大国においては,民主主義国であってさえ,普通の一般市民は政治的な権力の意識(自分は政治的権力を持っているという意識)をほとんど持っていない。(即ち)選挙の争点は何であるべきかということを選挙民(一般市民)は決定しないし,それらの争点は多分一般市民の日常生活からはかけ離れた事柄に関わるものであり,また,ほとんど一般市民の経験の外にある事柄であり,一市民の投票などは,無視できると自分自身感じるほど,全体に対してとても小さな寄与しかしない(と彼は考える)。古代の都市国家(注:古代ギリシアなど)においては,そうした弊害はずっと少なかった。現在でも,地方政治においてはそうである(そういった弊害は少ない)。公衆というものは,国民的な(全国的な)問題よりも,地方的な問題のほうにより関心をを示すだろうと(これまで)思われてきたかも知れないが,しかし,それは事実ではない。逆に,関係する地域が広ければ広いほど,投票の労を惜しまない選挙民の比率は,よりいっそう多い(多くなる)。これは一つには重要な選挙において選挙の宣伝により多額のお金が使われるからであり,一つには選挙の争点がそれ自体(地方選挙よりも)より興奮させるものだからである。選挙の争点で最も興奮を催すものは,戦争に関係する争点及び仮想敵国に対する関係を含む争点である。1910年1月に,ある田舎者老人(an old yokel)が私に自分はこれから(英国)保守党(それは彼の経済的利害に反する政党であった)に投票しに行くと言ったのを覚えている。(自分の経済的利益に反する)保守党に投票した理由は,もし(英国)自由党が勝利すれば,一週間もしないうちに,ドイツ人が英国内に進駐してくると説得されて信じていたからである。この老人が教区会 (注:地方行政区の自治機関)の選挙において,争点について幾分理解していた可能性はあるが,しかし,彼(一般市民)が教区会の選挙で投票をしたことがあるというふうに考えてはならない。こうした争点が彼の心を動かすことができなかったのは,それらの争点が,集団ヒステリーを引きおこすようなものではなかったからか,あるいは,集団ヒステリーが餌を与えて育む神話でなかったからである。

Chapter 18: The taming of Power, n.6
From the point of view of the taming of power very difficult questions arise as to the best size of a governmental unit. In a great modern State, even when it is a democracy, the ordinary citizen has very little sense of political power; he does not decide what are to be the issues in an election, they probably concern matters remote from his daily life and almost wholly outside his experience, and his vote makes so small a contribution to the total as to seem to himself negligible. In the ancient City State these evils were much less; so they are, at present, in local government. It might have been expected that the public would take more interest in local than in national questions, but this is not the case; on the contrary, the larger the area concerned, the greater is the percentage of the electorate that takes the trouble to vote. This is partly because more money is spent on propaganda in important elections, partly because the issues are in themselves more exciting. The most exciting issues are those involving war and relations to possible enemies. I remember an old yokel in January, 1910, who told me he was going to vote Conservative (which was against his economic interests), because he had been persuaded that if the Liberals were victorious the Germans would be in the country within a week. It is not to be supposed that he ever voted in Parish Council elections, though in them he might have had some understanding of the issues; these issues failed to move him because they were not such as to generate mass hysteria or the myths upon which it feeds.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER18_060.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です