第18章 権力を手懐けること n.2


 民主主義の長所は消極的なものである(注:negative ぱっとしないものである/控えめなものである)。民主主義は良い政治を保証しない(民主主義体制下であっても良い政治が確実になるというわけではない)。しかし,一定の害悪は防止する。女性が政治問題に関与し始めるまで、既婚女性は自分の財産に対して、あるいは,自分の所得(稼いだお金)に対してさえも、まったく何の支配権も持っていなかった。(即ち)酔っぱらいの夫をもった雑役婦の妻(charwoman)は、彼女が自分の子供の扶養のために自分の賃金を使うのを夫がもしも妨げたなら,彼女はどうしようもなかった。十八世紀と十九世紀初頭における少数独裁制(寡頭制)の議会は、その立法権を、農村と都市の両方の労働条件を落とす(悪くする)ことによって金持の富を増やすために用いた。民主主義(体制)によって初めて(民主主義になって初めて)、法律によって労働組合主義を不可能にすることを防いできた。民主主義がなかったとしたならば、アメリカ西部も、オーストラリアも、ニュージーランドも、少数の白人貴族政治によって支配される半奴隷的な黄色人種の住民の居住地となったであろう。奴隷制度や農奴制の害悪については、我々はよく知っているが、少数派が政治的権力の独占を確保している場合には、多数派は、遅かれ早かれ、奴隷状態あるいは農奴状態へと沈んで行きがちである。全ての歴史は、想像がつくように(注:as might be expected 当然予想されるように)、少数派が多数派の利益にために配慮をするということを信用できない(配慮しないだろう)ということを示している。

Chapter 18: The taming of Power, n.2 The merits of democracy are negative : it does not insure good government, but it prevents certain evils. Until women began to take part in political affairs, married women had no control over their own property, or even over their own earnings; a charwoman with a drunken husband had no redress if he prevented her from using her wages for support of her children. The oligarchical Parliament of the eighteenth and early nineteenth centuries used its legislative power to increase the wealth of the rich by depressing the condition of both rural and urban labour. Only democracy has prevented the law from making trade unionism impossible.But for democracy, Western America, Australia, and New Zealand would be inhabited by a semi-servile yellow population governed by a small white aristocracy. The evils of slavery and serfdom are familiar, and wherever a minority has a secure monopoly of political power, the majority is likely to sink, sooner or later, into either slavery or serfdom. All history shows that, as might be expected, minorities cannot be trusted to care for the interests of majorities.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER18_020.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です