第14章 競争,n.17


(それでは)哲学者にとって,宣伝にはどのような効用があるであろうか? 哲学者は,宣伝家のように,次のように言うことはできない。(即ち) 「ピン(製造)エ場は,ピン製造のために存在し,意見の工場は,意見を製造する(創る)ために存在する。(意見の製造工場で)製造された意見が,2本のピンのようであったら(=寸分違いのないものであったら),両方とも良い意見であったとして,それをどう判断したらよいであろうか?(注:みすず書房版の東宮訳では「If the opinions manufactured」の「the opinions manufactured」を2本のピンと誤訳している。/ What of that? = どのように判断したらよいか?) (また)独占によって可能になった大規模生産のほうが,競争しあう小規模生産よりも安くなれば,他の(理由の)場合と同様に,独占に対する(独占を良しとする)同様の理由が存在している。否,それ以上に,競争相手をもっている意見の(製造)工場は,競争相手をもっているピン工場のように,同等の良い意見を創り出す(製造する)ことはない,というのが通常(普通)である。(つまり)それ(競合する意見工場)は自分(私)の工場で創った(製造した)意見を傷つける(意見に損害を与える)意図をもった意見を創る(製造する)ので,従って,人々に自分の意見工場の製品(自社製意見)を供給し続けるのに必要な仕事を大いに増す(ことになる)。従って,競争しあう意見工場は禁止しなくてはならない。」  哲学者は(哲学者としては),ちょっと(I say まあ)このようなものを自分の見解として採用できない。彼は(哲学者なら)次のように(強く)主張しなければならない(contend 強く主張する)。(即ち)宣伝によって助けられる(be served by 奉仕を受ける)有用な目的は,ほぼ確実に間違っている意見を独断的に信じさせようとするようなもの(目的)でなく,むしろ逆に,判断や合理的な疑いを助長し,相対立する考察を重み付けするカを助長するもの(目的)でなければならない。また,相互の宣伝の間に競争がある時のみ,それはこの目的に役立つことができる。哲学者は,(意見を聞く)公衆を両側の言い分に耳を傾ける裁判官(判事)に喩えるであろう。そうして,宣伝における独占は,あたかも,刑事裁判で原告側(検察側)あるいは被告側(のどちらかの)弁護人(counsel 原告側及び被告側の弁護人)のみの聴取が認められるような,馬鹿げたことだ,と考えるであろう。宣伝の一律性を望むどころか,哲学者は,全ての人が,できるだけ,あらゆる問題のあらゆる側面に耳を傾けるべきだと主張するであろう。哲学者は(哲学者なら),一つの党の利益のために専念したり読者の独断を奨励するような種々の新聞よりも,全ての党派を代表するただ一つの新聞を擁護するであろう。


Chapter 14: Competition, n.17 What, to the philosopher, can be the uses of propaganda? He cannot say, like the propagandist: “Pin-factories exist to manufacture pins, and opinion-factories to manufacture opinions. If the opinions manufactured are as like as two pins, what of that, provided they are good opinions? And if the largescale (large-scale) production rendered possible by monopoly is cheaper than competing small-scale production, there is the same reason for monopoly in the one case as in the other. Nay, more: a competing opinion-factory does not usually, like a competing pin-factory, manufacture other opinions which may be just as good : it manufactures opinions designed to damage those of my factory, and therefore immensely increases the work required to keep people supplied with my produce. Competing factories, therefore, must be forbidden.” This, I say, the philosopher cannot adopt as his view. He must contend that any useful purpose which is to be served by propaganda must be not that of causing an almost certainly erroneous opinion to be dogmatically believed, but, on the contrary, that of promoting judgment, rational doubt, and the power of weighing opposing considerations; and this purpose it can only serve if there is competition among propagandas. He will compare the public to a judge who listens to counsel on either side, and will hold that a monopoly in propaganda is as absurd as if, in a criminal trial, only the prosecution or only the defence were allowed to be heard. So far from desiring uniformity of propaganda, he will advocate that, as far as possible, everybody should hear all sides of every question. Instead of different newspapers, each devoted to the interests of one party and encouraging the dogmatism of its readers, he will advocate a single newspaper, in which all parties are represented.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER14_170.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です