第13章 組織(体)と個人 n.8


              自由とは官憲に従う権利のこと

 以上の手短な概観から,概して(大部分については),組織(組織化すること)の影響は,政府の自己保存(本能)から生ずる結果は別として,個人の幸福と福祉を増進させるようなものである,と結果として言えそうである。教育,保健,労働生産性,万一の欠乏に対する備えは,原則として,議論(論争)が生じない問題である。それにこうした問題は全て,高度の組織化に依存している(注:組織化が高度になされないと実現困難なこと)。しかし,革命や敗戦とかいうものを防止する方策という問題になると,事情は異なる。そのような方策が必要とされるとしても,それらの方策の影響(結果)は不愉快なものであり,革命や敗戦(の影響/結果)のほうがそれらの方策(の影響/結果)よりももっと不愉快であるという根拠がある場合においてのみ弁護できるものである。(不愉快か不愉快ではないかの)相違は,もしかすると(perhaps),程度問題に過ぎないかもしれない。予防接種(vaccination),教育,道路建設不愉快なものであるが,(それを無しで済ますことによる)天然痘(smallpox),無知,通行不能の沼地よりは不愉快の程度は少ない,と言えるかも知れない。けれども,(革命や戦争の場合は)その程度の相違は非常に大きく,ほとんど種類(質)の相違に達するほどである。さらに(その上),穏やかな進歩に必要な方策が不愉快なものであっても,それは一時的のものであり,それ以上のものである必要はない(need not be more than temporary.)。天然痘の撲滅は可能であり,そうなれば(その後は),予防接種の必要性はなくなるであろう。教育や道路建設は両方とも啓発的な方法を用いればかなり快いものにすることが可能である。しかし,技術が進歩するたびに,戦争はいっそう辛いものかつ破壊的なものになってゆき,また,全体主義的な方法によって革命を防ぐことも,人間性と知性にとってより破滅的なものになってゆく(であろう)。

Chapter XIII: Organizations and the Individual, n.8 From the above brief survey it seems to result that, in the main, the effects of organizations, apart from those resulting from governmental self-preservation, are such as to increase individual happiness and well-being. Education, health, productivity of labour, provision against destitution, are matters as to which, in principle, there should be no dispute; and all of them depend upon a very high degree of organization. But when we come to measures intended to prevent revolution or defeat in war, the matter is different. However necessary such measures may be deemed to be, their effects are unpleasant, and they can only be defended on the ground that revolution or defeat would be still more unpleasont. The difference is perhaps only one of degree. It may be said that vaccination, education, and road-making are unpleasant, but less so than smallpox, ignorance, and impassable morasses. The difference of degree is, however, so great as to amount almost to a difference in kind. Moreover the unpleasantness of the measures involved in peaceful progress need not be more than temporary. Smallpox could be stamped out, and vaccination would then become unnecessary. Education and road-making could both be made fairly agreeable by the employment of enlightened methods. But every technical advance makes war more painful and more destructive, and the prevention of revolution by totalitarian methods more disastrous to humanity and intelligence.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER13_080.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です