第13章 組織(体)と個人,n.7


 ここまでのところ,我々は戦争と革命について,あるいは戦争と革命の恐怖について,まったく考慮してこなかった。これらは,国家の自己保存本能を伴っており,個人生活に対する最も徹底的な形の統制へと導く。ヨーロッパ大陸のほとんど全ての国において,国民兵役義務(全国民に強制的な兵役義務)が存在している。戦争が勃発すると,世界中のどこでも,(政府は)徴兵年齢に達した全ての男子に戦場で戦うことを要求でき,また成年全てに,政府が最も勝利に導くと考える行為(work)を命令できる(注:Everywhere, when war war breaks out, … と原著に ‘war’ が2度出て来る誤植あり/みすず書房版の東宮訳では「every adult can be ordered to do the work that …」のところを「あらゆる成年男子は・・・」と訳出されているが,‘adult’ は男子とは限らないので不適切。戦時中は多くの国で、大人の女性も軍需工場で強制的に労働させられていることを想像すれば、ラッセルがなぜ ‘adult’ という言葉を使ったかわかるはず)。敵を利すると思われる行為をする者は,死刑に処せられる傾向がある(されがちである)。平時においては,あらゆる政府が -ある国々ではより徹底的に,またその他の国々ではそれほどでもなく- (国民の)時至らば進んで(喜んで)戦う気持及び常なる国家の大義に対する忠誠を確実なものにするための対策をとる(takes steps 対策を講ずる)のである(注:insure はここでは ‘ensure’ の意味)。革命の問題における政府の行動は, 革命の起こりやすさの程度に応じて変化する(いろいろである)。他の事柄(問題)がみな同じ時には,政府が市民の福祉についてほとんど配慮しない場合には,革命の危険はより大きいであろう。しかし,全体主義国家のように,政府が身体的強制(physical coercion)だけでなく,道徳上及び経済上の説得(力)まで独占している場合には,それほど集約的でない政府で可能な場合よりも,ずっと市民を無視することが可能である。というのは,革命的な心情(revolutionary sentiment)は,それほど容易に普及したり,組織化したりすることは容易ではないからである。従って,国家が市民の集団(body 集まり)と別物である限り,国家権力が増してゆくごとに,国家は市民の福祉により無関心になってゆくであろう,と予想される。

Chapter 13: Organizations and the Individual, n.7 So far, we have taken no account of war and revolution or the fear of them. These involve the State’s instinct of self-preservation, and lead to the most drastic forms of control over individual lives. In almost all Continental countries, there is universal compulsory military service. Everywhere, when war breaks out, every male of military age can be called upon to fight, and every adult can be ordered to do the work that the government thinks most conducive to victory. Those whose activities are thought helpful to the enemy are liable to the death penalty. In time of peace, all governments take steps — some more drastically, others less so — to insure willingness to fight when the moment comes, and loyalty to the national cause at all times. Government action in the matter of revolution varies according to the degree of likelihood of it. Other things being equal, the risk of revolution will be greater where government cares little for the welfare of the citizens. But where, as in totalitarian States, the government has a monopoly, not only of physical coercion, but of moral and economic persuasion, it can go further in disregard of citizens than is possible for a less intensive government, since revolutionary sentiment is less easy to propagate and to organize. It is therefore to be expected that, in so far as the State is distinct from the body of the citizens, every increase in its power will make it more indifferent to their welfare.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER13_070.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です