13章 組織(体)と個人,n.1


 人間は,社会(共同体)の中で暮すことを有益(有利)だと(経験から)知っている。しかし,人間の欲求は,巣箱の中の蜜蜂の欲求とは異なり,大部分,個人的な(ものの)ままである。それゆえに,(人間の)社会生活の難しさと政治(統治)の必要(性)が生じる(のである)。というのは(=なぜそうなるかと言うと),一方において,政治(統治)は必要なものであり,政治(統治)なしでは,文明国の人口(国民)のきわめて少数のものしか生きのびることを望むことができず,しかも(生きのびたとしても)みじめな欠乏状態にあるであろうが,しかし,他方においては,政治(統治)には権力の不平等が付き物であり,大きな権力を握る人々は,普通の市民の欲求と対立する場合にも,自分の欲求を押し進めるために権力を用いるものだからである(注:つまり,統治に権力は必要だが、強い権力を有する者は必ずといってよいほど暴走・腐敗するので難しい問題が生じる、という趣旨)。このように,無政府状態も専制政治も,ともに悲惨なものであり,人間が幸福であろうとすれば,そこには何らかの妥協が必要である。  本章では,私は,一定の個人と関係のある組織(体)について考察したい。一定の組織(体)と関係のある個人については考察しない(ことにする)。もちろん,この(前者の)問題は,民主主義国家と全体主義国家とでは,非常に異なっている。というのは,全体主義国家においては,(個人が)関係する組織体は全て -ごく少数の例外を除いて- 国家の部門であるからである。けれども,私は,予備的な概観においては,できるかぎりその相違を無視したい。

Chapter XIII: Organizations and the Individual

Human beings find it profitable to live in communities, but their desires, unlike those of bees in a hive, remain largely individual ; hence arises the difficulty of social life and the need of government. For, on the one hand, government is necessary : without it, only a very small percentage of the population of civilized countries could hope to survive, and that in a state of pitiable destitution. But, on the other hand, government involves inequalities of power, and those who have most power will use it to further their own desires as opposed to those of ordinary citizens. Thus anarchy and despotism are alike disastrous, and some compromise is necessary if human beings are to be happy. In the present chapter, I wish to consider the organizations concerned with a given individual, not the individuals concerned with a given organization. This matter is, of course, very different in democratic and in totalitarian States, for in the latter all the organizations concerned, with very few exceptions, are departments of the State. As far as possible, however, I wish to ignore this difference in a preliminary survey.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER13_010.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です