第12章 権力と統治形態 n.34


 しかし,こうした考えに対して,一定の考慮すべき事項が幾つかある。アメリカ合衆国は,次の大戦(注:第一次世界大戦後の世界戦争。結果として第二次世界大戦)で,交戦国であろうがなかろうが,勝利を得る唯一の国になるだろうと仮定してもよいであろうし,また,アメリカ合衆国が民主主義国であることをやめるということはありそうもない。ファシズムの強さ(強み)の多くは,戦時における,推定上のいくつかの有利さ(its supposed advantages)のおかげであるが,もしそのような強さ(強み)は存在しないということがわかれば,民主主義は再び東側(=共産圏)に拡まってゆくかもしれない。長い目で見れば,教育と愛国心の広範な普及ほど国民国家に戦争における強さ(強み/耐久力)を与えるものはない。愛国心は,当面,ファシズムの信仰復興論者のやり方で刺激されるかもしれないが,そのような方法は,宗教界における永い経験が明らかにしたように,最終的には,退屈と退歩(逆戻り)へと導くことは不可避である。従って,全体として,軍事上の議論(論議)は,民主主義がいまだ存在しているところでは今後も残ってゆくであろうし,民主主義が目下輝き(光)を失っている国々でも(では)民主主義に復帰するであろう,ということを指し示している(point to)。しかし,(民主主義の)正反対のものも決して不可能ではない(ありえる)ということは,認めなくてはならない。

Chapter XII: Powers and Forms of Governments, n.34

But there are certain considerations to be set against this. It may be assumed that the United States, whether a belligerent or not, will be the only victor in the next Great War, and it is improbable that the United States will cease to be a democracy. Much of the strength of Fascism is due to its supposed advantages in war, and if these prove to be nonexistent democracy may again spread eastward. In the long run, nothing gives a nation such strength in war as the wide diffusion of education and patriotism ; and although patriotism may, for the moment, be stimulated by the revivalist methods of Fascism, such methods, as long experience in the religious sphere has proved, inevitably lead in the end to weariness and backsliding. On the whole, therefore, the military arguments point to the survival of democracy where it still exists and its return to the countries in which it is for the moment in eclipse. But it must be admitted that the opposite alternative is by no means impossible.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER12_340.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です