第12章 権力と統治形態 n.33


 統治(政治)は,いついかなる時代においても,軍事的技術によって大きな影響を受ける。ローマ(帝国)が民主主義に向かいつつあった時代においては,ローマの軍隊はローマ市民によって構成されていた。(即ち)それは,ローマ帝国をもたらした職業軍人部隊(professional armies)を置き換えたものであった(注:「 it was the substitution of professional armies that brought about the Empire. 」のところは,みすず書房版の東宮訳では「ローマ帝国を将来したのは、ローマ市民の軍隊に代わった職業的軍隊である」と,文脈も文法も無視した訳となっている。この一文の「It」は「It ~ that ~ 」の構文の「that」以下を表すものではなく、前文の「ローマの市民の軍隊」のことを指している。また、「that」の次には主語はなく、動詞の「brought (about)」があり、「that」の前の「professional armies」を修飾している。お粗末。入試問題に出すとよいかも知れない。)。封建貴族の力(強さ)難攻不落の城に依存していたが,それ(その強み)は大砲の導入とともに終った。フランス市民革命(時)のほとんど訓練されていない(一般人民の)大軍は,彼らに敵対する少数の職業軍人部隊を打ち破ることによって,(戦争の)大義に対する大衆の熱意の重要性を示したと同時に,それによって民主主義の軍事上の有利な点(長所)をも示唆した。我々は今日,飛行機(の出現)によって,再び,比較的少数の高度な訓練を受けた兵士から成る軍隊を必要とする状況に戻りつつあるように思われる。従って,統治形態は,全ての重大な戦争(の脅威)に曝された国々においては,航空兵(airmen)が好みそうな統治形態になるであろうことが予想されるが,それは民主主義的な統治形態にはなりそうもない。

Chapter XII: Powers and Forms of Governments, n.33

Government has at all times been greatly affected by military technique. In the days when Rome was tending towards democracy, Roman armies were composed of Roman citizens ; it was the substitution of professional armies that brought about the Empire. The strength of the feudal aristocracy depended upon the impregnability of castles, which ended with the introduction of artillery. The large almost untrained armies of the French Revolution, by defeating the small professional armies opposed to them, showed the importance of popular enthusiasm for the cause, and thereby suggested the military advantages of democracy. We seem now, through the aeroplane, to be returning to the need for forces composed of comparatively few highly trained men. It is to be expected, therefore, that the form of government, in every country exposed to serious war, will be such as airmen will like, which is not likely to be democracy.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER12_330.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です