第12章 権力と統治形態


 所与の機関(や制度)において統治形態がどのように変化するかについても何か言わなければならない。これは,歴史が確たる指針を我々にまったく与えてくれない問題である。我々は,エジプトとバビロニアにおいて,歴史の記録が始まった時期に(既に)絶対君主制が完全に発達していたのを見てきた。(即ち)人類学上の証拠から見て,絶対君主制は,当初長老会議によって制限がおかれていた部族長の権威から発達してきた(もの)と推定してよいであろう。中国(の例)を除き,アジア全体を通して,絶対君主制は,西欧の影響を受けている場合を除いて,他の統治形態に道を譲る気配をまったく見せてこなかった。これに反して,ヨーロッパでは,絶対君主制は,歴史時代において(注:有史以後は),長期にわたって安定したことは決してなかった。中世時代には,王の権力は,比較的重要な商業都市の自治によって制限を受けていたのと同様に,封建貴族の権力によっても制限を受けていた。ルネッサンス時代の後,王の権力はヨーロッパ全土にわたって増大したが,しかし,これは,まずイギリス,次はフランス,その次は両国を除いた西欧の残りの国々(全て)における中産階級の勃興のためにその増大に終止符が打たれた。ボルシェヴィキ(ロシア共産主義党)が1918年の初めに国民議会を解散させるまで,議会制民主主義が文明世界全体に普及することは確実だと思うことも可能だったかも知れない。  けれども,民主主義から離れようとする運動も決して新しいものではない(注:ヒトラーは1933年にドイツの首相に就任;本書の出版は1938年)。それらの運動は多くのギリシア都市国家において,ローマ帝国樹立の時のローマにおいて,また,中世イタリアの商業共和国において起こった。(それでは)民主主義に向おうとする,あるいは民主主義から離れようとする多様な展開を決定する何らかの一般的な原則を発見することは可能であろうか?

Chapter XII: Powers and Forms of Governments, n.29 Something must be said as to the ways in which, in a given institution, the forms of government change. This is a matter as to which history gives no sure guidance. We have seen that, in Egypt and Babylonia, absolute monarchy was fully developed at the period when historical records begin; from anthropological evidence, it may be presumed to have developed out of the authority of chiefs originally limited by a Council of Elders. Throughout Asia (excluding China), absolute monarchy has never, except under European influence, shown any sign of giving way to any other form of government. In Europe, on the contrary, it has never, in historical times, been stable for long periods. In the Middle Ages, the power of kings was limited by that of the feudal nobility, as well as by the municipal autonomy of the more important commercial cities. After the Renaissance, the power of kings increased throughout Europe, but this increase was brought to an end by the rise of the middle class, first in England, then in France, and then in the rest of Western Europe. Until the Bolsheviks dismissed the Constituent Assembly at the beginning of 1918, it might have been thought that parliamentary democracy was certain to prevail throughout the civilized world. Movements away from democracy are, however, no new thing. They occurred in many Greek City States, in Rome when the Empire was established, and in the commercial republics of mediaeval Italy. Is it possible to discover any general principles determining the various developments towards or away from democracy?
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER12_290.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です