第12章 権力と統治形態 n.28


 株式会社(事業法人)の組織の複雑さは,いかなる政治機関の組織の複雑さよりも大きなものになりがちである。取締役(directors),株主,社債保有者,管理職(exective staff),及び一般の被雇用者(一般社員)と,すべてがそれぞれに異なった役割をもっている。株式会社における統治は,通例,寡頭制の形をとっており,その(寡頭制の)単位は株主ではなく秩券であって,取締役は株主たちの選んだ代表者である。(この一文は,みすず書房版の東宮訳では「政治は形の上では寡頭政治が通例で・・・」となっている。The government を「政治」と訳しているが、ここでは株式会社における統治の問題を論じており、the がついていることに注意する必要がある。また,directors は理事ではなく,取締役と訳したほうがよいであろう。)実際,株式会社の取締役(directors)が株主に対して(as against)もっている権力は,(政治的)寡頭制の政府に属している指導者(注:単数形の director を補って考える)が(指導者でない)個々の支配者に対して(as against the ndividual oligarchs)持っている権力よりもはるかに大きい(注:たとえば,独裁的な政府における大統領や総理大臣とそれ以外の者の権力の大きさの差が大きいことを言っているのか?/ than の後ろは belongs to と単数形になっていることに注意)。これに反して,労働組合がよく組織化されているところでは,被雇用者は自分たちの雇傭条件についてかなりの発言権を持っている。資本主義(体制化の)企業には,特有の(な)目的の二重性がある。(即ち)一方では,企業は公衆に商品やサービスを供給するために存在し,他方では,株主に利益を与えようとする。政治組織の場合においては,政治家は,単に自分の俸給を最大限にすることだけを目指すのではなく,公共の為になること(公共の善)も目指すものと考えられている(想定されている)。この口実(pretence 見せかけ/ふり)は専制政治のもとにおいてさえも推持されている。これが,実業(の世界)よりも政治(の世界)において,より偽善が多い理由である。しかし,民主主義と社会主義的な批判との両方の影響のもと,多くの重要な産業界の大物は,政治的なぺてん(ごまかし)の術を身につけ,公共の善(の実現)は自分たちが財産を作る動機であるというふりをすることを学んできている。これは政治と経済とが連合(癒合)しようとする現代の傾向のもう一つの実例である。

Chapter XII: Powers and Forms of Governments, n.28
The complexity of the organization of a business corporation is apt to be greater than that of any political institution. Directors, shareholders, debenture holders, executive staff, and ordinary employees, all have different functions. The government is usually in form an oligarchy, of which the units are shares, not shareholders, and the directors are their chosen representatives. In practice, the directors usually have much more power, as against the shareholders, than belongs to the government of a political oligarchy as against the individual oligarchs. Per contra, where trade unionism is well organized, the employees have a considerable voice as to the terms of their employment. In capitalistic enterprises there is a peculiar duality of purpose: on the one hand they exist to provide goods or services for the public, and on the other hand they aim at providing profits for the shareholders. In political organizations, the politicians are supposed to be aiming at the public good, not only at maximizing their own salaries; this pretence is kept up even under despotisms. This is why there is more hypocrisy in politics than in business. But under the combined influence of democracy and socialistic criticism, many important industrial magnates have acquired the art of political humbug, and have learnt to pretend that the public good is their motive for making a fortune. This is another example of the modern tendency to the coalescence of politics and economics.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER12_280.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です