第12章 権力と統治形態 n.26


 これまで,我々は政治における統治形態について関心を払ってきた(検討してきた)。しかし,経済組織において生ずる統治形態は(も)非常に重要かつ独得でもあるので,別途考察する必要がある。  産業上の事業においては,まず,古代における市民と奴隷との間の区別によく似た区別がある。市民とは事業に投資した者のことであり,奴隷とは被雇用者のことである。私は,この比喩を(無理に/極端に)押し進めたくない。被雇用者は,可能な場合には自由に職を変えることができ,また,労働していない間は自分の好きなように時間を費やす権利があるということ(事実)において,奴隷と異なっている。私が持ち出したいと思う比喩は,統治に関するものである。専制政治(独裁制),寡頭政治(寡頭制),及び民主政治(民主政)は,自由人に対する関係において異なっていた。(即ち)奴隷に関しては皆似通っていた(よく似ていた)。同様に,資本主義における企業においては,権力は,投資家の間で,ある場合には君主政治的に分割され,ある場合には寡頭政治的に分割され,またある場合には民主的に分割されるであろう。しかし,被雇用者は,投資家でなければ,まったく権力の分前を持たず,古代において奴隷が持っていたと思われるほどの権利も持っていないと考えられている

Chapter XII: Powers and Forms of Governments, n.26
So far, we have been concerned with the forms of government in politics. But the forms which occur in economic organizations are so important and peculiar that they require separate consideration. In an industrial undertaking, there is, to begin with, a distinction analogous to that between citizens and slaves in antiquity. The citizens are those who have invested capital in the undertaking, while the slaves are the employees. I do not wish to press the analogy. The employee differs from a slave in the fact that he is free to change his job if he can, and in his right to spend his non-working hours as he pleases. The analogy that I wish to bring out is in relation to government. Tyrannies, oligarchies, and democracies differed in their relations to free men; in relation to slaves, they were all alike. Similarly in a capitalist industrial enterprise the power may be divided among investors monarchically, oligarchically, or democratically, but employees, unless they are investors, have no share in it whatever, and are thought to have as little claim as slaves were thought to have in antiquity.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER12_260.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です