第12章 権力と統治形態 n.21


これらの本質的な限界(注:緊急対応の必要性や,専門的な事柄や国民が理解・判断が困難な事柄が少なくないという事情)があるために,最重要な事柄の多くは,選挙民によって,政府に委託(委任)されなければならない(政府に任せなければならない)。民主主義は,政府が世論を尊重する義務を負っている限りうまくゆく。英国長期議会(注:英国で 1640~53年に開かれた議会のこと)は,議会自らが同意しなければ解散できないと(法令を)布告した。その後の議会が同様のことをやろうとしてもできなくしたものは何であろうか? この答えは単純でも自信を持って言えるものでもない。第一に,革命が起こる状況になく,旧議会の議員たち(members of the outgoing Parliament)は,たとえ敗北した政党に所属していても,なお愉快な生活を保証されていた。(即ち)彼らの大部分は再選されるであろうし,仮に統治(政治)の楽しみを失ったとしても,政敵の失敗を公然と批判することによって得られる満足は,ほとんど再選されることに匹敵していた。そうして,彼らはやがて政権に復帰したものであった(would)。これに反して,彼ら(議員たち)が選挙民に憲法上の(憲法で定められた)手段で彼らをやめさせることができないようにしたならば,革命的な状況を創り出したであろうし,そうなれば彼らの財産も,もしかすると生命までが,危機にしたであろう。ストラッフォードとチャールズ一世の運命は無分別に対する一つの警告であった。  以上のこと全ては,革命的な状況が既に存在していれば,異なったものとなるであろう。(仮に)保守党(が多数を占める)議会の場合,次の選挙で共産党が多数を占め,何の補償もなしに私有財産を取り上げる恐れがあると想像してみよう。そのような場合には,政権を掌握している政党(政権与党)は,長期議会をまねて,自分たちの政権の永続(化)を布告することはありそうなことである。そのような政党は、民主主義の原理に対する敬意から,そのような行為を自制することはほとんどないであろう。自制することがたとえあったとしても,それは軍隊の忠誠に疑いを持つ時だけであろう。

Chapter XI: Powers and Forms of Government, n.21 Owing to these essential limitations, many of the most important matters must be entrusted by the electorate to the Government. Democracy is successful in so far as the Government is obliged to respect public opinion. The Long Parliament decreed that it could not be dissolved without its own consent; what has hindered subsequent Parliaments from doing likewise? The answer is neither simple nor reassuring. In the first place, in the absence of a revolutionary situation, members of the outgoing Parliament were assured of a pleasant life even if they belonged to the defeated party; most of them would be re-elected, and, if they lost the pleasures of government, they would gain the almost equal satisfactions to be obtained by publicly criticizing the mistakes of their rivals. And in due course they would return to power. If, on the other hand, they made it impossible for the electorate to get rid of them by constitutional means, they would create a revolutionary situation, which would endanger their property and perhaps their lives. The fate of Strafford and Charles I was a warning against rashness. All this would be different if a revolutionary situation were already in existence. Suppose a Conservative Parliament had reason to fear that the next election would produce a Communist majority, which would expropriate private property without compensation. In such a case, the party in power might well imitate the Long Parliament, and decree its own perpetuity. It would hardly be restrained from this action by reverence for the principles of democracy; it would be restrained, if at all, only by a doubt as to the loyalty of the armed forces.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER12_210.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です