第12章 権力と統治形態 n.18


 権力が一つのセクト(党派,分派)のメンバーだけに限られている場合,イデオロギー上の厳しい検閲が存在することは不可避である。(特定の)信条を心から信ずる者は,どうしても正しい信仰を世の中に広げたい(広めたい)と熱心に思うであろう。それ以外の人々はただ外的に順応(表面的に同調)することで満足するであろう。前者のような態度は,知性の自由な行使を殺してしまう(自由に働かせることをできなくさせてしまう)。後者のような態度は,偽善を促進する(助長する)。(そうして)教育も文学も型にはめられざるを得なくなり,創意性(initiative 進取の気質)と批判(的精神)を生みだすよりも,むしろ軽信性(すぐ信じこむ気持)を生み出すように企てられる(デザインされる)。もし指導者が自分独自の神学(キリスト教神学)に興味・関心を持っていれば,異端(異教)が存在するようになり,正統主義(正統派的信仰)はしだいに厳格に定義されるようになるであろう。一つの信条に強く影響を受けている人々は、普通一般の人々と異なり,多少とも抽象的かつ日常生活から遊離したものによって動かされる。そういった人たちが不評判な政府(民衆の支持を得ていない政府)を支配することになれば,その結果は,大部分の人々を,自然のままの時よりも、いっそう軽薄かつ無思考(無思慮)にしてゆくことである。それは(そのような結果は),思想というものは全て潜在的に異端的なものでありかつ危険なものであるという知識(knowledge 認識)によって,大いに促進される。支配者は,神権政治においては,狂信者である傾向がある。(そうして)狂信者であるので過酷になり,過酷だから反対され(反対にあい。),反対されるからより過酷になる。支配者の権力衝動は,自分自身に対してさえ,宗教的熱意の衣を着る(まとう)ものとなり,従って,いかなる拘束にも従わないのとなるであろう。それ故に,刑罰用器具(拷問用器具),(ナチスの)ゲシュタポやチェカ(注:Cheka レーニンによって十月革命直後に設置された秘密警察組織の通称)がこの世に出現するのである。

Chapter XI: Powers and Forms of Government, n.18
When power is confined to the members of one sect, there is inevitably a severe ideological censorship. Sincere believers will be anxious to spread the true faith; others will be content with outward conformity. The former attitude kills the free exercise of intelligence ; the latter promotes hypocrisy. Education and literature must be stereotyped, and designed to produce credulity rather than initiative and criticism. If the leaders are interested in their own theology, there will be heresies, and orthodoxy will come to be more and more rigidly defined. Men who are strongly influenced by a creed differ from the average in their power to be moved by something more or less abstract and more or less remote from daily life. If such men control an unpopular government, the result is to make the bulk of the population even more frivolous and thoughtless than it would naturally be — a result which is much promoted by the knowledge that all thought is potentially heretical, and therefore dangerous. The rulers, in a theocracy, are likely to be fanatics; being fanatics, they will be severe; being severe, they will be opposed; being opposed, they will become more severe. Their power-impulses will wear, even to themselves, the cloak of religious zeal, and will therefore be subject to no restraint. Hence the rack and the stake, the Gestapo and the Cheka.  出典: Power, 1938.


 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER12_180.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です