第12章 権力と統治形態 n.9


 以上の考察から引き出される結論はこうである。一人の君主の恣意的な権力に対する自発的な同意のようなものが,王座近くにいる集団から必要であるが、その君主の従者(従属する者)の大部分は,そうした権力に屈服するのは、通常,初めは恐怖心からであり、後になっては慣例(慣習)と伝統の結果としてである。(いわゆる)「社会契約」は -「完全に」神秘的ではない唯一つの意味においては- 征服者の間の契約(のこと)であり,もし征服者としての利益を奪われるようなことがあれば、彼ら征服者の存在意義を失う(ことになる)。服従する者の大部分に関するかぎり、同意よりもむしろ恐怖心が,単一部族を超えた権力を持つ王に屈服する元々の理由である。

Chapter XI: Powers and Forms of Government, n.9

The conclusion to be derived from these considerations is that, while something like voluntary consent to the arbitrary power of a monarch is necessary from a band of companions who are near the throne, the majority of his subjects usually submit, at first, from fear, and afterwards as the result of custom and tradition. The “social contract,” in the only sense in which it is not completely mythical, is a contract among conquerors, which loses its raison d’etre if they are deprived of the benefits of conquest. So far as the majority of subjects are concerned, fear, rather than consent, is the original cause of submission to a king whose power extends beyond a single tribe.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER12_090.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です