第12章 権力と統治形態 n.8


 命令と服従の関係を除いて,一つの社会の人々を結びつける絆(band)としての,人々の間におけるそれ以外(命令と服従の関係以外)の任意の関係の難しさは,国家間の関係を例にあげて説明できる(注:may be illustrated by によってよく例証される)。小国が(外国の)征服によって徐々に大規模な帝国へと成長していった実例は数えられないほど存在している。しかし,自発的な連合によるもの(自発的な連合によって帝国へと成長したもの)はほとんど存在していない。フィリップ王(注:アレクサンダー大王の父)の時代のギリシアあるいはルネッサンス時代のイタリアにとって,異なる主権国家間におけるある程度の協力は死活問題であったが,それにもかかわらず,そのような協力をもたらすことはできなかった。それと同じことは,今日(注:1938年当時)ヨーロッパについてもあてはまる(真実である/言うことができる)。常に命令する習慣のある人たちを,あるいは自立(していること)を習慣とする人たちをさえ,自発的に外的権威に服従するように導いていくことは,容易なことではない。このようなことが(実際に)起こる時,それは通常は海賊団のような場合(事例)においてであり,そこでは小集団が一般大衆の犠牲において大きな利益を望み,指導者に信頼を置き,進んでその指導者の手に(困難な)事業の指導をまかせてしまうような場合だけである(leave the direction of the enterprise in his hands)。(いわゆる)「社会契約」から出てくる統治について言うことができるのはこのような状況においてのみであり,この場合(事例)においては、その契約はルソーの言う契約(注:社会契約説における「契約」)というよりはむしろトマス・ホッブスの言う「契約」(注:万人の万人に対する戦争状態における自己保存のための「契約」)である。即ち,それは,市民たち(あるいは海賊たち)が相互に結ぶ契約であり,彼らが彼らの指導者との間に結ぶ契約ではない。心理的に重要な点は,略奪や征服の大きな見込みがある時に人々はそのような契約を進んで受け入れる(賛成する)ということだけである。絶対君主的でない王(Kings 諸侯)を,戦争の勝利によって,より絶対的な存在になることを可能にしたのは -通常,それは明白な形でにおいてではないが- このような心理的メカニズムである。

Chapter XII: Powers and Forms of Governmants, n.8 The difficulty of any other relation between men, as a bond uniting them in one community, except that of command and obedience, may be illustrated by the relations of States. There are innumerable instances of small States growing into great empires by conquest, but hardly any of voluntary federation. For Greece in the time of Philip, and Italy in the Renaissance, some degree of co-operation between different sovereign States was a matter of life or death, and yet it could not be brought about. The same thing is true of Europe in the present day. It is not easy to induce men who have the habit of command, or even only of independence, to submit voluntarily to an external authority. When this does happen, it is usually in such a case as a gang of pirates, where a small group hopes for great gains at the expense of the general public, and has such confidence in a leader as to be willing to leave the direction of the enterprise in his hands. It is only in this kind of situation that we can speak of government arising from a “social contract,” and in this case the contract is Hobbes’s rather than Rousseau’s -i.e. it is a contract which the citizens (or pirates) make with each other, not a contract between them and their leader. The psychologically important point is that men are only willing to agree to such a contract when there are great possibilities of plunder or conquest. It is this psychological mechanism, though usually not in an overt form, which has enabled kings who were not absolute to become more nearly so by successful war.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER12_080.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です