第12章 権力と統治形態 n.4


 民間組織(私的組織)の対外的な権力は,国家によって嫉妬とともに(羨望の眼で)見られがちなものであり,それゆえ,大部分,超法規的なものである。そうした権力は,主として,ボイコット(特定の人物の排斥や不買運動など)やその他のもっと極端な形の威嚇に依存する。そのような暴力主義(的行為)の影響は,通常,革命あるいは無政府状態への(一つの)序曲である。アイルランドにおいては,暗殺(という暴力行為の流行)は,最初は地主の没落を,次には英国の(アイルランド)支配の没落をもたらした。ツァー統治下のロシアでは,革命党員(革命家)は,大部分,暴力主義的な方法に依存していた。ナチスは非合法の暴力行為によって成功を勝ち得た。目下のところ,チェコスロヴァキアにおいては,ドイツ住民の中にいて,へンライン党(注:ドイツ国家社会主義労働者党)に加わろうとしない(チェコの)人々は,「あなた(たち)は要注意人物だ!」とか「あなたの番がまわってくるぞ!」といったような警告書(notices)を受けとる。そうして,ドイツがオーストリアを占領した時に(ドイツの)敵(の身)に起こったとを考慮する時,そのような威嚇はとても効果的である。この種の非合法行為によく対抗することのできない国家は,通常,間もなく(すぐに)災難にあう。もしその非合法行為が,明確な政治綱領をもった単一な組織体の非合法行為である場合には,その結果は革命である。しかし,それが山賊の一団(一味)とか反乱軍の非合法行為である場合には,次第に単なる無政府状態と混乱へと推移していくかもしれない。

Chapter XI: Powers and Forms of Government, n.4 The external powers of private organizations are apt to be regarded by the State with jealousy, and are therefore largely extra-legal. They depend mainly upon the boycott and other more extreme forms of intimidation. Such terroristic influence is usually a prelude to revolution or anarchy. In Ireland, assassination brought about the downfall, first of the landlords, and then of the English domination. In Tsarist Russia, the revolutionaries depended very largely upon terroristic methods. The Nazis won their way by acts of illegal violence. At the present moment, in Czechoslovakia, those among the German population who will not join Henlein’s party receive such notices as “you are a marked man” or “your turn will come” ; and in view of what happened to opponents when the Germans occupied Austria, such threats are very effective. A State which cannot cope with this kind of illegality usually soon comes to grief. If the illegality is that of a single organization with a definite political programme, the result is revolution, but if it is that of bands of brigands or mutinous soldiers, there may be a lapse into mere anarchy and chaos.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER12_040.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です