第11章 組織体の生物学 n.10


 ローマ帝国は,マケドニア人を通して(経由で),ペルシャ人から道路(整備)による中央政府の強化の仕方を学んだ。ローマ帝国の使者は,西欧と南欧,北アフリカ及び西アジアの全体を通して,昼夜の別なく,一時間平均数マイルの速度で旅をつづけることができた。しかし,どの領地でも,ローマ帝国の軍隊駐屯地(the imperial post)は軍司令官によって統制されており,(従って)軍司令官は,自軍の中にいない誰にも知られずに部隊(軍隊)を移動させることができた。歩兵隊(legions)の(行軍の)迅速さ及びニュースの伝わり方の遅さは,しばしば,ローマ皇帝に対する反逆に好都合なものとなった。ギボンは,コンスタンティヌス帝のガリア(注:Gaul ゴール)の北部からイタリアへの進軍について語る時,コンスタンティヌス帝の移動の容易さとハンニバル(将軍)の移動の困難さとを(次のように)対照させている。 「ハンニバル(将軍)がガリア(ゴール)からイタリアに進軍した時,彼は,山々を越える,またかつて決して正規軍に明け渡したことのなかった(通行を許したことのなかった)未開の国々を抜ける道を,まず発見し,そうしてそれを切り開かなければならなかった。アルプス(の山々)は,当時は自然(の要塞)で守られていたが,現在では技術によって守られている。しかし,この両者の中間の時代においては,ここを通ろうと試みた将軍たちは,いかなる困難にも抵抗にもめったにあわなかった。コンスタンティヌス帝の時代には,山岳地帯の農民(小百姓)たちも文明化された従順な臣民であった。田園地方では食糧が十分に備蓄され,ローマ人がアルプスを越えて延長された(数本の)幹線道路は,ガリア(ゴール)とイタリアの間に数本の連絡網(communications 連絡通路)を開いていた。コンスタンティヌス帝は,(何本かの道路の中で)コチアン・アルプス(Cottian Alps)の道路,あるいは現在の呼びかたで言えばモン・スニ峠(Mount Cenis = Mont Cenis)の道路を好み,自分の軍勢を非常に熱意を持って率いていたので,彼がアルプスを越えてピエモンテ州(Piedmont)の平原におり立った時には,マクセンティウスの宮廷(ローマにあった)では,まだ彼がライン河の岸辺から出発したという確実な情報(intelligence 諜報)を受けとっていなかった。」(注記がないが、ギボン『ローマ帝国衰亡史』からの引用と思われる。)  その結果,マクセンティウス(注:ローマ帝国のテトラルキア時代の皇帝の一人:在位:306年 – 312年)は敗れ,キリスト教が(ローマ帝国の)国教となった。世界の歴史は,もしローマ人がもっと悪い道路しかもっていなかったら,あるいは,ニュースのもっと敏速な伝達手段ががあったなら,異なっていたかも知れない。

Chapter XI: The Biology of Organizations, n.10 The Roman Empire learnt from the Persians, through the Macedonians, how to fortify the central government by means of roads. Imperial messengers could travel at an average rate often miles an hour, day and night, throughout Western and Southern Europe, North Africa, and Western Asia. But in each province the imperial post was controlled by the military commander, who could therefore move his armies without the knowledge of anyone not in their line of march. The swiftness of the legions and the tardiness of news resulted often in advantage to rebels against the Emperor in Rome. Gibbon, in telling of Constantine’s march from the north of Gaul to invade Italy, contrasts the ease of his movements with the difficulty of Hannibal’s : “When Hannibal marched from Gaul into Italy, he was obliged, first to discover, and then to open, a way over mountains and through savage nations that had never yielded a passage to a regular army. The Alps were then guarded by nature, they are now fortified by art. But in the course of the inter-mediate period, the generals, who have attempted the passage, have seldom experienced any diffiiculty or resistance. In the age of Constantine, the peasants of the mountains were civilized and obedient subjects ; the country was plentifully stocked with provisions, highways, which the Romans had carried over the Alps, opened several communications between Gaul and Italy. Constantine preferred the road of the Cottian Alps, or as it is now called of Mount Cenis, and led his troops with such active diligence, that he descended into the plain of Piedmont before the court of Maxentius (in Rome) had received any certain intelligence of his departure from the banks of the Rhine.” The result was that Maxentius was defeated and Christianity became the religion of the State. The history of the world might have been different if the Romans had had worse roads or a swifter means of transmitting news.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER11_100.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です