第11章 組織体の生物学 n.9


 権力の集中は,政治の領域においては,常に支配者によって追求されてきたものであり(であるが),それは常に被支配者によって抵抗されてきたというものではなかった。権力の集中は,名目上は,古代の帝国のほうが近代の政体の最も独裁的なもの(さえ)よりも完璧であったが,実際においては,権力の集中には技術的な限界があった。古代の君主にとって最も緊急の問題は,移動の問題であった。エジプトとバビロニアでは,この移動の問題は大河によって促進された。しかし,ペルシャの統治は道路に依存していた。ヘロドトスは,サルディス(Sardis)からスーサ(Susa)に至る,延長1500マイルの非常に長い王道を,平時には王の使者が旅し,戦時には王の軍隊が進軍した,と記している。  ヘロドトスはこう書いている。「 当の(問題の)道路の実話(true account 正しい説明)は次の通りである。王立の宿場(Royal stations)が全王道に沿って(多数)存在し,また立派な隊商宿(caravanserais)も同様である。そして王道全体に渡って,居住区が広がっており(? and throughout, it traverses an inhabited tract),危険はない。・・・フリギア(王国)(Phrygia)を後にすると,ハリス河(注:the Halys 現在のトルコを流れるクズルウルマク川のこと)を渡らなければならない。そこには関門が(いくつか)あって,河を渡る前に必ずそれらの関門を通過しなければならない。強力な軍隊がその地を警備している。・・・キリキア(Cilicia)とアルメニアとの境界をなすのがユーフラテス河で,小舟で渡らなくてはならない。アルメニアには休憩所が15ケ所,その距離は56ファルサフ半(約180マイル/parasang = ファルサフ)である(?)。警備隊の配置されているところが1ケ所ある。4つの大河がこの地方を交叉しているが,それらの河は全て小舟で渡らなくてはならない。・・・宿場の数は111ケ所まで増やされている。事実,サルディスとスーサの間にある休憩所は非常に数が多い。」  彼はさらに続けて次のように述べている。「一日150ハロン(注:furlong ファーロングとも)の割合で旅をしても(軍隊の行軍速度とほぼ同じ),旅を終えるにはきっかり90日はかかるであろう。(注:これで宿場が111もある理由がわかる。)」(ヘロドトス『歴史書』第五巻,五二章,五三章。ローリンソン訳)  このような(長い)道路は,帝国の拡大を可能にしたが,それによって王が遠隔地の地方総督(satraps)の監督を事細かに行うことを可能にしなかった(不可能であった)。馬にのった使者は,サルディスからスーサまで一ケ月で知らせを持っていけたかもしれないが,しかし,軍隊がサルディスからスーサまで行軍するのには三ケ月はかかるであろう。イオニア人がペルシャ(帝国)に叛旗を翻した時にも,小アジアにいるペルシャ軍を迎えうつまでに,彼らイオニア人は幾月も彼らの自由にできた(のである)(注:any troops not already in Asia Minor 小アジアをいまだ立っていない部隊)。古代の帝国は全て,叛乱に悩まされたが,その叛乱を指導したものは,しばしば地方の総督(守備隊長)であった。そうして,明白な坂乱が起きていない場合でさえ,征服が最近行われたばかりというのでもないかぎり,地方における自治はほとんど避けがたく,時間の経過とともに,独立へと発展しがちであった。古代の大国で,今日と同程度に近くまで,中央からの支配が及んだ国は一つもない。そうして,その主な理由は,迅速な移動の欠如にあった。

Chapter XI: The Biology of Organizations, n.9 Concentration of power, in the political sphere, has always been sought by rulers, and has not always been resisted by those over whom they ruled. Nominally, it was more complete in the great empires of antiquity than in even the most dictatorial of modern regimes, but in practice it was limited to what was technically possible. The most urgent problem for ancient monarchs was that of mobility. In Egypt and Babylonia, this was facilitated by the great rivers; but the Persian rule depended upon roads. Herodotus describes the great royal road from Sardis to Susa, a distance of about 1,500 miles, along which the King’s messengers travelled in time of peace, and the King’s armies in time of war. “The true account of the road in question,” he says, “is the following: Royal stations exist along its whole length, and excellent caravanserais ; and throughout, it traverses an inhabited tract, and is free from danger…. On leaving Phrygia the Halys has to be crossed; and here are gates through which you must needs pass ere you can traverse the stream. A strong force guards this post…. The boundary between Cilicia and Armenia is the river Euphrates, which it is necessary to cross in boats. In Armenia the resting-places are fifteen in number, and the distance is 56½; parasangs (about 180 miles). There is one place where a guard is posted. Four large streams intersect this district, all of which have to be crossed by means of boats. :.. The entire number of stations is raised to one hundred and eleven; so many are in fact the resting-places that one finds between Sardis and Susa.” He goes on to state that, “travelling at the rate of 150 furlongs a day” (about the speed of an army), “one will take exactly ninety days to perform the journey. (note: Book V, Chapters 52, 53. Rawlirwon’s translation.) Such a road, though it made an extended empire possible, did not enable the King to exercise any detailed control over the satraps of distant provinces. A messenger on horseback might bring news from Sardis to Susa in a month, but an army would require three months to march from Susa to Sardis. When the Ionians revolted against Persia, they therefore had a number of months at their disposal before they had to meet any troops not already in Asia Minor. All ancient empires suffered from revolts, often led by provincial governors ; and even when no overt revolt occurred, local autonomy was almost unavoidable except when conquest was recent, and was apt, in the course of time, to develop into independence. No large State of antiquity was governed from the centre to nearly the same extent as is now customary; and the chief reason for this was lack of rapid mobility.

 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER11_090.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です