第11章 組織体の生物学 n.8


 アメリカ合衆国は,国家(というもの)は征服可能なもの(国や地域)を(全て)征服するという(一般)原則に対する例外だ,と主張する人がいるかも知れない。メキシコの征服は,いやそれどころか全てのラテン・アメリカ諸国の征服も,アメリカ合衆国がひとたび征服したいと思えば,まったく骨の折れる仕事ではないだろうことは,明らかである。けれども,政治的征服のための通例の動機が,この場合においては,これを妨害する(種々の)カによって,現在のところ,抑制させられている。南北戦争以前には,(アメリカの)南部諸州には帝国主義的傾向があり,それはメキシコ戦争(注:アメリカ=メキシコ戦争,1846-1848)にそのはけ口を見出し,膨大な領土の併合へと導いた。南北戦争以後は,アメリカ西部の植民と経済的発展は,アメリカの最も精力的な国民の精力さえ吸いとってしまうほどの十分な仕事であった。この仕事がある種の終結(注:conclusion 結論,終局)に達するやいなや,1898年の米西戦争が新たな帝国主義の衝動にはけ口(注:vent 出口)を与えた。しか,領土の併合は,アメリカ合衆国憲法においては種々の困難が存在している。(即ち)領土の併合には新しい有権者(選挙民)の新規追加の承認が伴っており,彼らは望ましくないと思われることもあるであろうし,また -さらに重要なことであるが- 領土併合は,国内の自由貿易の範囲が拡大し,従って,重要な経済的な諸利益に損害を与える(ことになる)。モンロー主義は,ラテン・アメリカに対する事実上の属国化(保護国化/保護領化)を伴うものであり(意味するものであり),従って,そのほうが実際に併合するよりも支配的利益により満足を与える(のである)。もし政治的征服が経済的に(も)有利だということになれば,すぐにそれ(政治的征服)が行われることは疑いはないであろう。

Chapter XI: The Biology of Organizations, n.8 It might be urged that the United States is an exception to the principle that a State conquers what it can. It is obvious that the conquest of Mexico, and indeed of all Latin America, would offer no serious difficulties if the United States cared to undertake the task. The usual motives for political conquest, however, are at present inhibited in this case by various counteracting forces. Before the Civil War, the Southern States had imperialistic tendencies which found an outlet in the Mexican War, leading to the annexation of an immense territory. After the Civil War, the settlement and economic development of the West was a sufficient task to absorb the energies of even the most energetic nation. As soon as this business had been brought to some sort of conclusion, the Spanish-American War of 1898 gave vent to a fresh impulse of imperialism. But annexation of territory has difficulties under the American Constitution : it involves the admission of new voters, who may be thought undesirable, and – -what is more important — it extends the area of internal free trade, and is therefore damaging to important economic interests. The Monroe Doctrine, which involves a virtual protectorate over Latin America, is therefore more satisfactory to the dominant interests than annexation would be. If political conquest were economically advantageous, no doubt it would soon take place.

 出典: Power, 1938.

 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER11_080.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です