第11章 組織体の生物学 n.1


 我々はこれまで,権力の最も重要な心理的源泉である諸感情について検討してきた。(即ち)(第一に)伝統(に対する敬意),特に僧侶や王に対する敬意という形でのものがあり,(第二に)恐怖(心)と個人的野心 -これはむきだしの権力の源泉となるもの- があり,(第三に),古い信条の代わりに置き換えられた新しい信条 -これは革命的な権力の源泉ー があり,いろいろな信条とそれ以外の権力の源泉との間の相互作用がある。我々は今や,権力の問題の新しい部門(department 専門領域)に到達した。(即ち)権力を行使する際の媒介物となる組織体の研究という部門(専門領域)であり,まず組織体をそれ自らの生命をもった有機体として,次に組織体をその統治形態との関係において,最後に組織体を構成する人々の生活に影響を及ぼすものとして,検討する(検討していきたい)。この部門(専門領域)においては,有機体を,できるかぎりその(有機体の)目的とは無関係に,解剖学や生化学で人間を扱う場合のやり方で,考えることとする。  本章で論ずる主題,即ち組織体の生物学は,組織体というものはそれ自身の生命を持った有機体であると同時に成長あるいは衰退に向かう傾向があるという事実に依拠している。組織体と組織体との間の競争は,個々の動物や植物の間の競争に類似したしており,多少ともダーウィン(の進化論)の方法で見ることが可能である。しかし,このような類推は,他の類推同様,あまり極端に押し進めてはならない。類推は暗示したり照らし出したりする助けにはなりうるとしても,証明の助けにはならない。たとえば,(右に述べ)衰退(への傾向)を,社会組織に関する場合,不可避と仮定してはならない。

Chapter XI: The Biology of Organizations, n.1 We have been considering hitherto the sentiments which are the most important psychological sources of power : tradition, especially in the form of respect for priests and kings ; fear and personal ambition, which are the sources of naked power; the substitution of a new creed for an old one, which is the source of revolutionary power ; and the interactions between creeds and other sources of power. We come now to a new department of our subject: the study of the organizations through which power is exercised, considered first as organisms with a life of their own, then in relation to their forms of government, and finally as affecting the lives of the individuals who compose them. In this section of our subject, organisms are to be considered as far as possible without regard to their purposes, in the way in which men are considered in anatomy and biochemistry. The subject to be discussed in this chapter, namely the biology of organizations, depends upon the fact that an organization is also an organism, with a life of its own, and a tendency to growth and decay. Competition between organizations is analogous to competition between individual animals and plants, and can be viewed in a more or less Darwinian manner. But this analogy, like others, must not be pressed too far; it may serve to suggest and to illuminate, but not to demonstrate. For example, we must not assume that decay is inevitable where social organizations are concerned.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER11_010.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です