10章 権力の源泉としての信条 n.13


 (以上述べたことを)要約してみよう。  何らかの種類の信条あるいは感情社会の団結にとって必須のものであるが,しかしそれが強さの源泉であるためには,かなりの割合の技術的能率を依存している人々(注:宣伝家など?)を含めて,大多数の民衆が,それを純粋かつ深く感じていなければならない。そのような条件が欠けている場合には,政府検閲と迫害によってそのような条件を生みだそうとするかも知れない。しかしもし検閲と迫害が厳しいと,人々が現実と接触しなくなったり,知ることが重要である諸事実について無知になったり,忘れたりする原因となる権力を掌握している者(権力の保持者)は,権力衝動によって偏見をもたされているので,国力の増大に最も資する自由への干渉の量は,常に,諸政府が信じている量よりは少ないであろう(注:国民の自由への制限は,政府が必要と思っている量より少なくて済む,ということ)。従って,(自由への)干渉に反対する感情が広くゆきわたっているということは,無政府状態になってしまうほど極端にならない限り,国力を増すこととなりそうである。しかし,特殊な事例を除いて,そうした一般論を越えて述べることは不可能である。

Chapter X: Creeds as Sources of Power, n.13

To sum up : A creed or sentiment of some kind is essential to social cohesion, but if it is to be a source of strength it must be genuinely and deeply felt by the great majority of the population, including a considerable percentage of those upon whom technical efficiency depends. Where these conditions are absent, governments may seek to produce them by censorship and persecution; but censorship and persecution, if they are severe, cause men to become out of touch with reality, and ignorant or oblivious of facts which it is important to know. Since the holders of power are biased by their power-impulses, the amount of interference with freedom that conduces most to national power will always be less than governments are inclined to believe; therefore a diffused sentiment against interference, provided it does not go so far as to lead to anarchy, is likely to add to the national strength. But it is impossible to go beyond these generalities except in relation to particular cases.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER10_130.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です