ラッセル『権力-その歴史と心理』第10章 権力の源泉としての信条 n.1


 一つの社会(共同体)のもつ権力は、その社会の構成員の数や経済的資源や技術的能力(技術力)に依存するだけでなく、その社会(共同体)のもつ信条にも依存する狂信的な信条は -社会の全構成員がその信条を抱くようになると- その社会の権力をしばしば非常に増大させる。けれども、時折,減ずる場合もある。(今日)狂信的な信条は十九世紀よりもずっと流行しているので、信条が権力に及ぼす影響の問題は、実際上、きわめて重要(な問題の一つ)である。民主主義に反対する議論の一つは、狂信者が団結した国家(注:a nation 国民国家)のほうが、大部分が平静な人たちで成っている国家よりも成功(勝利)の機会が多いという議論である。この議論を歴史の光に照して吟味してみよう。

 第一に、狂信主義が成功に導いた事例のほうが、当然のこと(であるが),失敗に導いた事例よりもよく(=多く)知られているということに(を)気づくべきである(注:It should be observed that ~ことを観察すべき)。失敗の事例は、(成功の事例と比べて)比較的人目につかないからである。従って(Thus)、性急な概観(及び査定)は誤りを犯しがちである。しかし,我々がそのような間違いの要因(原因)の可能性にさえ注意していれば、これを避けることはそれほど困難なことではない。 

Chapter X: Creeds as Sources of Power, n.1

The power of a community depends not only upon its numbers and its economic resources and its technical capacity, but also upon its beliefs. A fanatical creed, held by all the members of a community, often greatly increases its power; sometimes, however, it diminishes it. As fanatical creeds are much more in the fashion than they were during the nineteenth century, the question of their effect on power is one of great practical importance. One of the arguments against democracy is that a nation of united fanatics has more chance of success in war than a nation containing a large proportion of sane men. Let us examine this argument in the light of history.

It should be observed, to begin with, that the cases in which fanaticism has led to success are naturally better known than those in which it has led to failure, since the cases of failure have remained comparatively obscure. Thus a too rapid survey is apt to be misleading; but if we are aware of this possible source of error, it is not difficult to avoid.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER10_010.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です