ラッセル『権力-その歴史と心理』第9章 世論に対する影響力 n.10


◆うっかりして一段落飛ばしてしまいました。(n.10を挿入します。)◆

 大規模な組織的宣伝(の主体)は,現在のところ,民主主義諸国においては,教会,ビジネス広告業者,政党,財閥(the plutocracy),及び国家とに類別される。概して,これらの諸勢力(forces)は,対立関係にある政党を除いて,全て同一の側に作用する(働く)。そうして、敵対する政党でさえ,政権担当の望みがある限り(注:if they have any hope of office,国家による宣伝の基本(的な部分)には反対しそうにない。全体主義諸国においては,国家が事実上ただ一つの宣伝体である。
 しかし,現代の宣伝力(の強力さ)にもかかわらず,私は,敗戦の暁に(in the event of ),政府の見解(official view)が一般(国民)に広く受けいれるだろうとは信じない。そのような状況は(になれば),突如として,国家主義的な感情と対立する外国政府に従属しているという一種の無力感を政府に与える(注:みすず書房版の訳書で,東宮氏は「nationalist feeling」を国民感情と訳している)。好戦的熱情を刺激するため使われてきた勝利の予想(や期待)が大きければ大きいほど,勝利を得ることはできないとわかったときの反動はますます大きなものとなるであろう。従って,次に来たるべき戦争も,この前の戦争(第一次大戦)と同じように,革命の勃発となって終わるであろうし(注:1914年に第一次世界大戦が起こり、その後、1917年にロシア革命が勃発)、それは(新しく起こる革命は),来たるべき戦争は第一次大戦よりもずっと破壊的なものとなるであろうことから,1917年と1918年の時の革命よりもずっと烈しいものになるであろうと予想される。統治者は,暴徒によって殺害される危険を犯すことになるということを予想すべきである。そのような危険は,兵士たちが敵の手にかかって殺害される危険を犯すのと少なくとも同じくらい大きな危険であるといわねばならない。

Chapter IX: Power Over Opinion, n.10

Systematic propaganda, on a large scale, is at present, in democratic countries, divided between the Churches, business advertisers, political parties, the plutocracy, and the State. In the main, all these forces work on the same side, with the exception of political parties in opposition, and even they, if they have any hope of office, are unlikely to oppose the fundamentals of State propaganda. In the totalitarian countries, the State is virtually the sole propagandist. But in spite of all the power of modern propaganda, I do not believe that the official view would be widely accepted in the event of defeat in war. This situation suddenly gives to a government the kind of impotence that belongs to alien governments opposed by nationalist feeling ; and the more the expectation of victory has been used to stimulate warlike ardour, the greater will be the reaction when it is found that victory is unobtainable. It is therefore to be expected that the next war, like the last, will end with a crop of revolution, which will be more fierce than those of 1917 and 1918 because the war will have been more destructive, It is to be hoped that rulers realize the risk they will run of being put to death by the mob, which is at least as great as the risk that soldiers will run of death at the hands of the enemy
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER09_100.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です